幸福実現党 元京都選対本部長が選挙違反で逮捕

【2016参院選・京都】
毎日1
毎日2
毎日3
毎日4


『幸福実現運動員、選挙違反で逮捕 容疑で府警 /京都』

 過去の選挙違反事件で罰金刑を受け公民権が停止されているのに、参院選(7月10日投開票)で幸福実現党候補の選挙運動をしたとして、府警捜査2課は21日、京田辺市大住関屋、無職、江見逸子容疑者(56)を公職選挙法違反(公民権停止中の選挙運動)容疑で逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、京都選挙区や比例代表の党候補を当選させるため、今年5~6月に署名運動などをするよう運動員に指示。7月初旬には京田辺市で、有権者に党への投票を依頼したなどとされる。

 捜査2課によると、江見容疑者は、2013年10月、公選法違反(詐偽投票)罪で木津簡裁から罰金20万円の略式命令を受け、5年間の公民権停止中だった。

【鈴木理之、花澤葵】 〔京都版〕

毎日新聞 2016年7月22日 地方版




KBS1
KBS2

『公民権ないのに選挙運動 府警56歳女逮捕』

今月10日の参院選に京都選挙区から出馬し、落選した政治団体「幸福実現党」の陣営で、公民権がないのに選挙運動をしたとして、京都府警はきのう、56歳の女を逮捕しました。

公職選挙法違反の疑いで逮捕されたのは京田辺市大住関屋の無職、江見逸子容疑者(56歳)です。警察によりますと、江見容疑者はことし5月から6中旬ごろ、選挙権と被選挙権がないにもかかわらず、無料通話アプリなどで運動員に戸別訪問や署名運動を指示したほか、7月には自らが知人らに投票を依頼するなどした疑いがもたれています。府警は認否を明らかにしていません。江見容疑者は3年前の参院選で、母親を装って投票をしたとして、公職選挙法違反で有罪が確定し、5年間公民権が停止していたということです。

KBS京都ニュース 2016年7月22日 13:45



ちなみに、今回ふたたび「公選法違反」で逮捕された江見逸子容疑者は、2010年の参院選当時、幸福実現党から立候補していた北川智子候補(落選)の選対本部長を務めていた人物。

そういう人が
2013年に公職選挙法違反(詐偽投票)
2016年に公職選挙法違反(公民権停止中の選挙運動)

毎度のとおり「最後通告選挙」とか言って「恐怖アピール」で信者を煽るから、こうなるのです。


【過去の選挙違反関連記事リンク】

幸福実現党支持者、選挙違反で逮捕

幸福実現党、今度は候補者自身が逮捕

公選法違反で候補者に有罪判決、幸福実現党の言い分
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR