わが国の情けない現実

現政権与党は、新興宗教団体の分派である保守系圧力団体の影響に浸かり、また様々な反社会的カルトとも結ぶ不見識な議員が未だに存在する有様。

【参考記事リンク】
菅野完氏による話題の書籍『日本会議の研究』に対し、日本会議サイドが出版差し止めを要求

統一教会関係者総動員の「教祖提唱プロジェクト実現祈願」日本縦断自転車リレーを自民党国会議員が応援



かたや野党陣営も、安倍政権打倒の旗印のもと、反社会的カルト宗教の現役信者を、そうと知りつつ統一候補として担ぎ出す始末。

【参考記事リンク】
親鸞会信者推薦の共産党、機関紙では親鸞会を“カルト”扱い=本紙の取材に逆ギレ

【取材映像リンク】やや日刊カルト新聞社 ‏
先日の金沢市内で行われた #いしかわ市民連合 のデモでの取材妨害の映像です。

【参考比較映像】
※上記の映像と併せてご覧頂くと異常さが良く分かります。

大川総裁が突如街宣スタート!「死にたくなかったら幸福実現党に」=教団は本紙に力づくの取材妨害



さてさて、カルト問題という観点から見たとき、日本の政治的状況は右を見ても左を向いても、このような悲惨な状況。

相反するイデオロギーへの対抗。
或いはそれすらでない、双方とも単なる憎悪からの節操なき大同団結。

“人権”も地に墜ちたものか。はじめからなかったのか。

上記のような政党、政治家の口から出る“人権”という言葉など、白々しくて、この先二度と心は無論、鼓膜さえも震わせることはないでしょう。
見下げ果てました。

私は無知脆弱性不法利用の法理の日本版の確立を志向する者のひとりですが、その道のりは果てしなく遠いと実感します。

終わっているとしか言いようがない現実ですが、目を逸らさずによーく見ましょう。
ここから始めるしかないのですから。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR