マヌケな救世主

幸福の科学は、大川隆法は大宇宙の根本仏で、三世を見透す全ての観自在力(霊能力)を備えた大救世主というキャッチで売出し中です。
しかし、そうした設定を根底から崩す事件が平成12年に起こっていました。
朝日新聞紙面
   事件を報じる朝日新聞紙面

朝日夕刊

『女性襲って下着を奪う』品川の容疑者逮捕』

帰宅途中の女性を襲い、身につけていた下着を奪ったなどとして、警視庁捜 査一課は21日、東京都品川区東五反田5丁目、宗教法人職員 梶ケ谷学容疑者(34)を強盗傷害、強制わいせつの容疑で逮捕したと発表した。

都内では、品川区や目黒区を中心に今年1月から同様の被害届が45件に上り、関連を調べている。

調べでは、梶ケ谷容疑者は7月21日深夜、港区白金台のマンション1階のエレベーター前で、帰宅してきた女性会社員(25)を背後から襲って引き倒し、首をねんざさせるなどのけがを負わせたうえ、下着を脱がせて奪った疑い。

逮捕された時、梶ケ谷容疑者は女性の下着3枚を持っており、自宅からも、女性の下着が約100枚出てきたという。

梶ケ谷容疑者は「おとなしくしていれば何もしないから」などと女性を脅して下着を脱がし、持ち去っていたという。

2000年(平成12年)8月21日(月) 朝日新聞夕刊


新潮広告面
事件の詳細を追った週刊新潮

新潮広告拡大

『女性パンツ脱がせて奪う
幸福の科学職員の変態不幸』


若い女性を襲っては、下着を脱がせて奪い去る変体男。掴まえてみればナンと「幸福の科学」の職員だった。 これまで集めた”戦利品”は100点にも上るというが、彼を駆り立てたものはいったいなんだったのか。

この”着用中パンティー連続強奪事件”は、今年の一月末から始まった。
「犯行現場は、東京都内、JR五反田や目黒駅に近い住宅地です。(中略)」と全国紙の社会部記者。

「手口はいつも同じ。好みのタイプの女性に遭遇すると、その後を尾行。スキを窺って背後から忍び寄り、いきなり押し倒す。片手で女性の口を押さえ、もう一方の手で股間をまさぐるのです。強く抵抗されると、パンティだけ剥ぎ取って逃げたそうですよ。」

ようやく犯人逮捕に至ったのが8月19日の未明。外出先からマンション2階の自室に戻った主婦(27)が、1階から「財布を落としましたよ」と声がするのを聞き、下りた途端に背後から襲われた。

「”俺は彼女がいないんだ。大人しくしていろ。パンティだけでいいから”と脅された。主婦は110番通報。 直ちに緊急配備を敷いた警察が、”目の大きいハンサムな顔立ち”という犯人像そのままの男を発見。 女性用パンティ3枚を隠し持っていたいたためその場で逮捕しました」(捜査関係者)

男は梶ヶ谷学(34)。警視庁によれば、被害に遭った女性はわかっているだけでも45人にもなるという。

「その日の午後、梶ヶ谷が住む東五反田にある”幸福の科学”の職員寮に家宅捜索を行ったところ、彼の部屋から女性のパンティのほかに,パンストや靴下などが出るわ出るわ、計100枚。 あまりのことに10名強の捜査員からどよめきの声が上がったほど。ブラジャーはなく、9割以上がパンティーでした」(別の捜査関係者)

かつて経験したことのない妖しい匂いが部屋に立ちこめていただろう。


大川総裁の運転手?

「あの人は色白で端正、上品な印象で、とてもそんないやらしいことなどしそうにない二枚目でしたけれどねぇ」
こう驚きを隠さないのは、梶ヶ谷容疑者が住んでいた寮の近くに住む主婦である。

「大川隆法さんでしたっけ、総裁とか仰るあの方の運転手をされていたようで、小学校に通う2人の子供の送り迎えをしているところもよく見かけました。目が合えば必ず黙礼を返す律儀な人でしたよ」

一方、近所の女子大生は、「幸福の科学の寮には、20代の若い男女が20人ほど住んでましたが、寮といっても一戸建ての共同生活。大量の下着が男の部屋にあったのを、他の職員が知らなかったわけがないでしょ。もう、想像するだけで鳥肌が立ちますッ」

新潮画像

梶ヶ谷容疑者は埼玉県生まれで、高校卒業後は父親が営む理髪用ハサミの卸会社に勤務し、平成8年春には結婚して女の子も恵まれた。が、2年ほど前に妻子と別居。現在は離婚調停中だという。

幸福の科学の運転手として雇われたのが昨年10月のこと。
「娘と別居してから、ずっと音信普通でしたけど、まさかあんな事件を起こすとは」と、言葉少なに語るのは、梶ヶ谷の妻の実母である。

「彼の実家は天理教の集会所なんです。ご両親も信心深い立派な方。3人の息子さんのうち、末っ子の学さんと次男さんが天理教を抜けて幸福の科学へ走ったそうです。娘は宗教に無関心で、それに付いていけませんでした」

信仰厚い家庭環境で育った男が、なぜかくもハレンチなマネをしでかしたのか。

「米国では、清教徒の子供に性犯罪者が多いとも言われています。性に対して抑圧的な環境から性犯罪者が生まれるケースは多いのです」と語るのは、心理学が専門の福島章上智大学教授。

「容疑者はフェティシズムとサディズムが混在した性倒錯者で、女性を征服し、戦利品を勝ちえたことで興奮と満足を覚える。通常の性交渉に満足できずに、偏執的な行動へと及ぶそんな彼らも、普段の生活は以外に健常なのです」

性倒錯者の”幸福の科学”は面妖極まりない。

週刊新潮2000年9月7日号


この事件の火消しに、教団は梶ヶ谷を即刻解雇し、信者の動揺を鎮めるために当事者を信者でも職員でもない雇われ運転手などと言っていたようです。

そればかりか、このことの本質的な問題から目をそらすために、他宗や公安警察の陰謀説、マスコミ捏造など、信者はさまざまな逃げ道を求めました。それは今日の信者も同様で、この件を問えば、生の認知的不協和のサンプルに触れることができるでしょう。

しかし、教祖の命を預かるドライバーに、このような採用はありえません。

フライデー事件の真っ只中、前線基地という扱いで活動の中心になっていた中野富士見町のビルに詰めていた頃のことですが、秘書部宛に一通の便箋が届きました。中には自らが正会員であること、そして秘書部警護課に採用して下さいと書かれた手紙と履歴書が同封されていました。

運転技術に相当自信があると書いてあるだけあって所持免許はフルビット、さらに小型船舶と確か単発ピストンのヘリの免許まであったように記憶しています。

当時の秘書部の男性は秘書課6名と警護課7名で、フライデー攻撃を始めて人出が足りない状況で増員も検討されていたところで、通常であればそうした飛び込みは扱わないものの、その時は秘書課長が履歴書を持って主宰室に伺いに入りました。

しかし、結果は不採用。理由は「波動が悪い」とのこと。警護課主任は残念がっていました。

私がいた頃の本部職員の採用の際は、総務が会員リストからあたりをつけて支部活動の状況をリサーチして直接に打診し、担当局長の直接面接、本部長によるチェックのうえ、履歴書を含めた稟議書が主宰に上がり最終的な判断がなされるのが通常の流れで、採用されると入局日には直接主宰から辞令交付がされ、また履歴書は四国の顧問にも送られていました。

運転業務に就く可能性のある者は、まず秘書部長と秘書課長による実際の乗車チェックがあり、警護課の場合はさらに就任前に2週間の合宿訓練もありました。課長や主任に認められないとハンドルを握る資格を得られず、またせっかく認められて車両を任されても、主宰や補佐の気分(波動が悪いの一言)で簡単に降ろされるばかりか、わずか数日で秘書部から消えた職員も少なくありません。

実際、地方から戻った大川を東京駅に迎えに行った運転手役の警護課主任を、いきなり「ピンク波動が出ている」と言ってその場で降車させ、警護課主任をその場に置き去りにしたまま同行の秘書が急きょ運転をして走り去り、そのまま配置転換させたことさえあります。
(警護課主任はその後に退職)

ピンク波動などと言って、それまで献身的に自分を護ってくれていた人を問答無用に斬り捨てておきながら、一方で大川隆法は目の前のパンティー連続強奪犯にまるで気付いていなかったという、繕いようもなく極めてシンプルな情けない現実がここにあります。

それは取りも直さず、大川隆法には霊能力などないという事実を明確に示すものです。

大川が吹聴する霊能力など、所詮は原始的防衛機制の賜物であって

幼児的万能感に根差した単なる宗教妄想にすぎません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

びっくり!

うわ! アルゴラブはん!
すんごい写真を見つけましたなあ!
どないして見つけたんでっか!

わて、いずれこん記事ブログにまとめたいですわ。
転載さしてもろてもよろしおまっか?

Re: びっくり!

エル・バカターレさん

ご覧いただきありがとうございます。
例によって転載は自由にして頂いて構いません。
2ちゃんさん流におまとめ頂ければ、また面白いかと思います。

私の方も「混ぜるな危険」ブログの記事を転載させて頂く機会もあるかと思いますので、その時はひとつ宜しくお願いします。





いつも楽しみに拝見させて頂いております

 アルゴラブさん 初めまして。

 この事件、週刊誌や新聞に載ったんですね。
当時、信者さん達がどう思ったんでしょうか。

 大川のことだから、適当にごまかしたんでしょ
うけど、これでも霊能力がないのに気づかない
ものなんでしょうね。

アルゴラブさん!初めまして!

横入りの書き込み失礼します。

私事ですが、先月「コーフクを脱会した元信者」です。

今回の<マヌケな救世主>
福原霊法さんの書込みを見て
「当時、信者さんがどう思ったのでしょうか?」についてのコメントをお許し下さい。

私は、地方住みなんですが、
当時、私は「熱烈信者で地区長をやっていました。」

当時、私の支部の支部長は、小◯空城さんでした。

確か、週刊誌報道の直前だったと思います。
この「梶ヶ谷学 事件」について彼が、語ったことは
馬鹿馬鹿しい報道であると前置きして
1、当会に職員として「弁護士」も居るが、 本人と接見出来ていない。警察が、接見を許してくれないと言う異常事態になっている。

2、まだ、「容疑者であって、有罪が確定した訳ではない。推定無罪である」

3、今回の事件は、「宗教法人潰しの国策捜査の疑いが、強い」
以上の説明があったと記憶しています。

そして、リバティーにも「宗教弾圧」であるとコーフク側は、主張していたと思います。

当時、熱烈洗脳状態であった愚かな自分は、「何者かに引っ掛けられたのであろう」と都合良く「脳内転換」していましたし、それ以上深く知ろうとは考えませんでした。

当時、週刊新潮の記事は、読んだ記憶は、ありますが、支部でその話題について語ることは、憚れる状況であったと思います。

「講談社フライデー」と同じく「新潮社の写真週刊誌フォーカス」も悪魔視していましたから。

信者の受け取り方も様々と思いますが、活動している会員(熱烈信者)は、
当時のコーフク大本営発表を信じざるを得なかったと思います。
今と違って、ネット社会ではありませんでしたから

ただ、地方と違って東京在住の会員は、違う反応をしたかも知れません。

その後、本人も罪状を認めコーフクから解雇され、「単なる運転手に過ぎない」と発表されましたが・・・
不思議なことなんですが、自分も含めてすでに、会員から関心すら消えていたと思います。それ以降会員の中では、大きな話題にすらなっていません。
どうも教団から、離れた人物の事件には、関心がなくなってしまうようです。

ある意味で、空城さんの「火消し」が成功したと言えます。
何せ、地方住みの自分たちに取って空城さんは、大物職員でしたから

これが、カルトのなせる業なのか?と思いますね。
何せ思考停止してしまうのですから。

この件について、オーカワ自身「会員」に対して何らかのアナウンスは、なかったと思います。
間違いだったらゴメンなさい!

事件の顛末や、当時の教団内部事情については、元秘書だったアンチさんによるプログに詳しく書かれてあると思います。

ただ、こう言う信者の思考は、過去だけの問題ではなく、現在まだ教団にいる信者にも当てはまる問題です。
そして、過去以上に深刻になっているハズです。

以上、書き込み失礼いたしました。





梶ヶ谷事件関連記録


時期は異なりますが、同じ秘書(宗務)経験者で脱会者であるHN:ファルコンさんによる梶ヶ谷事件についてのまとめがあります。
たいへん貴重な手記ですので、こちらのコメント欄を活かして保存します。
ブログ記事と合わせてご覧いただけますと、より実態をご理解頂けると思います。


【ファルコンさんの手記】

梶ヶ谷事件について白熱しているようですので、元宗務・元人事局学生部職員かつ情報源「もぐらのリヴィア」が人事局職員だった私が少し補足しておきます
(学生部はリクルート用機関なので人事局所属でした)。

梶ヶ谷学は報道され、ここに貼られている通り実家は天理教だったのですが、兄弟と共に幸福の科学に三帰し、信者となりました。
東京北部から埼玉にかけてが生活圏の人物だったようですので、もう一人のご兄弟が埼玉にいたと言うのはまず間違いなく事実でしょう。

梶ヶ谷は当時多くの青年部の信者がしたように、本部へ職員希望の履歴書を出したようです
(私も出して採用になりました)。
梶ヶ谷には宗務が運転手候補として白羽の矢を立てました。

以前にも何度か書いていますが、大川は人材の無駄遣いという点でも多くの皆様の想像を絶している部分があり、宗務に採用されても「波動が悪い」「波動が悪い」と次々に異動指示を出します。
宗務に来て2時間で異動になった人物もいます。


大川は波動に非常に敏感という設定で、宗務の職員は基本的に大川と顔を合わさないように教育をうけます。
念が飛ぶなどして大川に悪い影響を与えるからだそうです。
大川隆法が24時間常に精妙な波動を保っていられるように宗務は最大限努力しなくてはなりません。
たとえば宗務でのお祈りの時間には「主への祈り」がありませんでした。
「主エル・カンターレ大川隆法総裁先生に念が飛ばないように」との配慮です。

常に職員の波動が大川によってチェックされ、少しでも「悪くなった」と大川が述べればすぐに異動でした。
運転手の波動が良くない、と移動中の大川から宗務局長に電話が入り、そのまま宗務から出された職員も複数います。
大川に波動が悪いと言われた職員が再び宗務に入るのはほぼ不可能でした。
まさにジョージ・オーウェルの世界、緩慢な死刑判決のように、運転手等専門職の方々が本部や支部で慣れない業務をし、強制還俗に次々になっていきました。

そのような事情で、一般的な印象と異なり宗務は常に人手不足に喘いでいました。
せっかくリクルートしてもすぐに大川が「波動が悪い」として異動指示を出してしまうために、常に人材のストックを作っておく必要がありました。
宗務に所属する職員の採用は何度にもわたる面接、最終的には履歴書を大川隆法が読むことによる「霊的な判断」があります。
大川の許可無く宗務に人員が送り込まれることはありません。
「あの人の許可を僕は出してないよ」と大川が言ったら当然局長のクビが飛びます。
大川の波動を乱す事が宗務にとって最大の罪なのです。

もちろん私の履歴書も大川は読みました。
コメントがあったようですがネガティブなものでは無く、わりとポジティブなもののようでした。
そもそもネガティブなコメントを大川が発すれば採用はありえません。
その後総合本部で私への評価で3名の役職者が一言一句違わぬ同じ言葉で私について述べていました。
偶然の一致はありえませんので、これが総裁から出たコメントの内容だったのだなと理解していました。


さて、こうして常時人手不足の宗務が人事に運転手の要請をしました。
人事局としても当然最優先なのですが また大川が「波動が悪い」と運転手を次々に異動させたようで、非常に切迫していたようです。
宗務局長(当時 現本部長)は木村さんでした。

この時採用になったのが梶ヶ谷学です。
実は梶ヶ谷学に関しては所属支部の支部長が反対をしていました。
当時既に離婚係争中だったそうで、「離婚係争中の人物が宗務に行くのは反対です」という真っ当な内容だったようです。

しかし人事も宗務も急いでいました。
「それでも構わない」という指示が出され、梶ヶ谷学の面談、大川による波動審査もめでたくパスして、彼は宗務の職員となりました。
しかし通常の人事異動ならば全支部にファックスが流れるのですが、宗務関係は全て極秘ですのでファックスが流れません。
梶ヶ谷学という職員が存在することを一部の総合本部の職員と宗務以外誰も知らなかったのです。
これが後の大々的な嘘の伏線になります。
なお、私も同じ経緯ですので、ずっと「謎の職員」でした。
異動で総務へ行った時にコピーの修理業者と思われたほどです。

梶ヶ谷学は運転手だったのですが、さすがにすぐにメイン運転手とはなれず補助をしていました。
つまり大川家の子供達の送迎を主に行ない、サブとして大川夫妻の運転手も行う、という地位です。
これは既述の理由で常に人手不足ですので、柔軟に業務を行う必要があったためです。
たとえば私も学士(家庭教師)でしたが、サブで子供達の運転手も行なっていました。

この形態で数ヶ月が過ぎ、梶ヶ谷はサブとは言え何度も何度も大川隆法の運転手をしました。
大川は波動が悪ければすぐに指示を出すのですが、彼については特にネガティブなコメントも無く時間は過ぎて行きました。
そしてあの事件が発覚したのです。

以前書いた、本部が隠蔽しようとした件をどなたかが貼って下さっていましたが、あの通りでして、宗務であることを隠蔽しようと五反田の旧東京仏宝館そば、お屋敷街池田山にある宗務職員寮から、川崎市鶴見の一般職員寮へ梶ヶ谷の私物を移送するように指示を出し、警視庁の方々に見事にバレてしまいました。

木村宗務局長が責任をとって左遷となりました(木村局長は後に幸福実現党党首)。
木村さんの地位が不安定になり、別の人々が宗務を仕切るようになったことが後々の大川の女性問題の長い長い伏線となるのですが これは今は述べません。
いずれ「大門未来への手紙」を書きますので、ここで述べる予定です。

当時の理事が遺憾コメントを出しています。
さすがに事件直後は謝罪謝罪で何とか嵐が過ぎ去るのを待つ方策だったようで、庇う訳でもありませんが、本部上層部で隠蔽出来ると思っていた人はいないのでは無いでしょうか。

ところが既述の通り、梶ヶ谷学という職員が職員が存在することを知らない職員が総合本部でも多数派だったのです。
支部では地元以外誰も知らない。

自分が知らない=きっと存在なんかしないんだ!
嵌められたんだ!警視庁の陰謀だ!マスコミの陰謀だ!S会の陰謀だ!
単なる配送係だったんだ!下請けだ!正規の職員では無いのだ! 
ありとあらゆる嘘が流布されるようになってしまいました。

逮捕された梶ヶ谷には幸福の科学の依頼で2名の弁護士が派遣されたことまでわかっています。
お名前は差し障りがあるかも知れないのでここではやめておきます。
弁護士さんの1人から「今は正心法語を読んで落ち着いている」という報告があったのを覚えています。

そうです。正心法語です。当然のことですが、梶ヶ谷学は正心法語を持っている三帰請願者でした。
そうでなければ総合本部、ましてや宗務の職員になれるわけがありません。
毎日正心法語を皆で唱和するのです。所持しない人物がそこにいるはずないではありませんか。
木村局長が「君、正心法語を読んで波動を整えて」と指示を出して「私は信者では無いので持っていません」と答えたら、1秒後に解雇です。当然の話です。

こうして「実情を知っている総合本部上層部はとにかくダンマリでこれ以上触れられないようにしていた」
「だが下部、支部は梶ヶ谷を知らないのであらゆる嘘を流し始めた」
これが同時進行していました。なお、旧活動推進局は「下部」に該当します。

そして私がマスコミと接触し始めると驚くべき話を聞かされたのです。
梶ヶ谷事件直後、大川隆法がマスコミまわりをして、梶ヶ谷事件の記事を書かないように圧力をかけていた、と。
「この事件について書いたらおたくの会社にデモをかける」と。

「なぜこのようなことを大川さんはおっしゃったのでしょうか。理由がわかりますか、ファルコンさん。」

理由は推測するしかありませんが、考えつくのは1つです。

「霊能力が無いと思われたくなかったから」

この世的には「大川隆法というおっさんの部下に変態犯罪者がいた」という話ですので「馬鹿だねえ」となってもそれ以上の追求はありません。
現にマスコミは事件を1回報じただけでそれ以上は何も書いていません。
一応教団から遺憾コメントは出ているし、梶ヶ谷は解雇されているし事件を認めているようなので、それ以上の話があるわけありません。

ですが、このスレを読む方々なら誰でもわかります。この事件は霊の存在を信じ、大川隆法を史上最大の霊能力者と信じた人々にとっては長期的な打撃となる、と。
まさに大川が懸念した通りの展開となっているわけです。


今のところ梶ヶ谷事件について纏められるのは以上の内容です。

・梶ヶ谷学は三帰請願者。
・梶ヶ谷の宗務行きは支部長が反対していたが宗務と人事が押し切った。
・人事局の数回に渡る面談と大川の履歴書の霊的走査を経て宗務配属となった。
・宗務ではサブの運転手だったが、大川の運転手も行なっていた。
・大川は多数の運転手を波動が悪いと異動させているが、梶ヶ谷についてはコメントは無かった。
・事件発覚後、梶ヶ谷という職員が実在したことを知らない職員達が陰謀論と嘘を流布し始めた。
・大川は事件後、梶ヶ谷事件を記事にしないようにマスコミに圧力をかけていた。

といったところでしょうか。


「補足」

・たかちゃんは波動に繊細で、コントロール不可と自己主張
・だから大悟館を建設した それまでの東京正心館では地下の管理人のピンク波動が酷いと言っていた
・つまりたかちゃんは「波動がシャットアウト出来ない」設定
・アルゴラブさんも私も書いているように「宗務採用の前にたかちゃんの波動チェック」「宗務職員の波動が悪いと即座に異動」
・宗務の運転手も「波動が悪い 即 異動」
・ところがパンツ強盗 傷害犯の梶ヶ谷は事件発覚当日まで全くOKだった
・これこそ たかちゃんには霊能力が無く、単に気分で「波動が波動が」と喚いていた証拠
・本人もそれはわかっていて、梶ヶ谷事件を記事にしないようにマスコミに圧力をかけていた

以上

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

被害者に謝罪無し

初めまして
(アルゴラブさんの担当地区の関係で本当は初めましてではないです笑)
私はこの事件をきっかけに休眠会員になりました
幸福の科学はこんな変態事件とは無縁だと思っていたので恥ずかしくなりました
同じチームの信者からは「月刊誌を配送する職員」と聞かされ鵜呑みに信じてました
数年前に掲示板を見て大川の運転手と真実を知り霊能力に疑問を感じその後脱会
ファルコンさんの書き込みにもあるように幸福側は二名の弁護士を着けたようですが本人はその後解雇されたため
弁護士も当然同時に辞任してますよね
被害届を出した大勢の被害者には謝罪も一切無しでしょうね
最低です
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR