幸福の科学職員の裏稼業

いわゆるカルトにも段階があります。
まず、一般的な常識とかけ離れた価値観を共有する集団であっても、表向き世間と激しい衝突をすることなく、その構成員も社会と折り合いをつけながら存在している段階です。
こういう状況にあるのは、想像以上にあると思います。

しかしその中から、微妙なバランスを失って自己顕示に突き進む集団が現れ、問題行動が表面化し、社会との軋轢が生じる段階に進みます。

カルトの中心にはグル(教祖)がいて、そうしたグルの人格構造に共通して見られる問題からして、程度の差はあれ、カルトが次第に反社会性を帯びていくのは、必然的な流れと考えられます。

この教団においては、89年以降の急激な拡大路線から、それが失敗した後の講談社フライデー事件が転機であったことは、疑いようのない事実です。

カルト内部で、いったん教祖の意思によって反社会的行為でも正当化される論理が受け入れられてしまうと、その集団の行く末は決してしまいます。二度とバランスを取り戻すことも、世間と和解することもありません。ただエスカレートし、良識との乖離を深めていくのみです。

下に示す文書は、教団が他宗排撃に躍起になっていた頃の、教団職員の活動のひとつを示す資料です。
宗教団体の職員の本来的職務とは言い難い一例です。

裏稼業


「分派活動を起こし退会した村田一派の仕業と思い込んでいる様子、思うつぼにはまっている(こちら側に関しては全く気がついていない) 」

つまり、怪文書をばらまき、混乱を工作していたわけです。

怪文書や、正体不明の市民団体を装ったビラまきは、幸福の科学の常套手段です。
大川家三男が通っていた白金台の小学校でも行われました。
教祖の大川が、敵の攪乱や名誉棄損にこの手法を好んで発案するので、教団の文化に定着していったものです。

イタコ芸者のビラまきくらい可愛いものと笑ってもいられません。
この裏部隊の構成員のひとりは、教団に批判的な宗教学者の郵便物を窃盗し、警察沙汰を起こした事実もあります。

現在、教団のカルト度、反社会性は当時よりも確実に進行しています。

「この不浄な国民だったら、私は3000万人くらい 、この地上から消したいくらいです!」

一昨年の選挙の頃、自分たちを認めない社会への恨み節として、大川はそう叫びました。
最近では「1年以内に文明を終わらせる」心境まで追い込まれているようです。

狂気に向かわせる動機は、既に彼らの中にあります。
あとは手段ときっかけの問題であるだけで、したがって「内部圧力の状況を注視すべき監視対象」なのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

国の平和を脅かすのはなにも外国人だけではないですからね。公安の方には、しっかり監視してほしいと思います。
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR