不幸はこうして始まった。

現在の日本では、世に名の知られている団体ばかりでなく、想像以上に実に多くのカルトが存在しています。
教祖(グル)がいて、信者がいれば、その最小単位からカルトは成立しますが、泡のごとく湧いては消えていく有象無象のカルトの中から、それなりに集団化し、宗教法人格を取得するまでに増殖するものが現れてきます。

それは、さまざまな要素にわたる不幸な巡り合わせが生じさせるもので、幸福の科学も、そんなカルトのひとつなわけですが、このカルトの軌跡について記すとき、煎じ詰めると2つの重要なポイントに始まると考えられます。

ひとつは父親の存在。
宗教、心霊好きな父親が、息子に起こった異言を高級霊の霊言と思い込んだこと。

そして次に、教団No.2として長く運営に関わっていくこととなる前妻の大川きょう子との出会いです。
この似た者同士(但し、同質ではない)の共鳴が、不幸を加速させました。

大川は自身の結婚式のスピーチで、二人の馴れ初めについて語っています。

「実は私自身が結婚をしますことは、今から一年以上前からすでにわかっていたわけであります。もちろん数々の本を出して人類の未来であるとか、あるいは皆様方の将来のビジョンについて説いている私でありますから、自分の未来がわからなければ、これは商売上がったりでございます。そういうことでわかっていたわけでございます。だいたい去年の春頃にはわかっていたわけであります。(中略)

まあ結婚することはわかっていたのでありますが、相手が出て来ないという状況がしばらく続き、いつ出て来るのかなと待っていたわけであります。(中略)

私の場合には出る時にはポコッと棚ぼた式に落ちてくるに違いないと思っておりました。おそらくそうなるであろうと思っていたら、その通りにやがてなってくるわけであります。そして十一月研修の終了認定試験というのを皆さん出されたと思いますが、それらの採点をしていたんですが、まあ木村恭子という名前で書いた答案があったわけですが、ここあたりでそろそろビビッときはじめたのであります。これはちょっと不思議な感じがしたんです。普通じゃないという感じがしたんで、秘書室長をしている原さんに、この人どういう人か調べてくれということで私はお願いしたのであります。」
「新時代の結婚観」 (月刊誌1988年5月号より抜粋)


そして、そのビビッときた答案がコレです。
(複写の状態が悪く、最初の行が欠落し無記名ですが、筆跡と内容から該当の文書であると判断できます)

恭子レポート1

恭子レポート2

楽しく有意義な3日間でした。
特に1日めのディスカッションでは、美しい人生体験を積まれたおば様方にアドバイスをいただいて、私の小さな悩みをといていただきました。
本当に実体験から来る言葉って重いのですねぇ。
私は東大生だから、そこらの人よりは頭がいいだろうと思っていましたが、とんでもありません。
皆様の貴重な体験なくして、私の答えはなかったのだと、先を歩いて下さる方のいることに感謝のおもいがわくばかりです。

最終日の希望の科学講義、とても素敵でした。
とても1日めの講義を同じ方のなさっていることだとは思えませんでした。
先生って本当にお話が上手ですね。シェイクスピアの12夜をみているより楽しかったです。
あんまり笑って笑って、今一つ、内容がつかみきれていないようなので、カセットがでたら、いちはやくかって、きき直してみたいと思っています。

思えば、私が先生を初めて拝見したのは、9月の中級セミナーの時です。
その数日前に、会員番号が届き、あわてて申し込んで、いったいどんな方がでてくるのだろうと楽しみにしていました。
あの時は本当に、お若いのでびっくりしたのですが、正直いって、私の趣味にはあわなくて、本当に一瞬なのですが、脱会しようかなぁとも思いました。
(あさはかな女で申し訳ございません)。

ところが第4回の講演会に参加して、先生の迫力に圧倒されて、涙がポロポロでてきました。私はなんておろかだったのだろう。
この世では、大川先生のように、みかけは20点でも、中身は90点も100点もいく人間がいるんだと、今まで男性に対して残酷だった自分を反省させられました。

ところがです。11月研修に行ったら、大川先生が素敵で素敵で、素敵にみえて仕方がないのです。非の打ちどころがない。
クラークゲーブルか 大川隆法かといわれても、私は大川隆法をといいます。
私は実感いたしました。男は中身です。中身さえよければ、相手のみる目っていくらでもちがってくるんですね。
でも今はかえって心配なんです。先生がこんなに素敵にみえてしまったら、私の永遠の人が眼の前にあらわれた時に、見劣りしてしまって困るんじゃないかと心配です。

まぁ、冗談半分にかいてまいりましたが、研修会後の私の様子をお知らせしたいと思います。
はっきりいって、おかしいんですよね。これが・・・。
火曜日に私は大学の図書館で予習しておりました。ところが英文をよみながら、涙がポロポロ、ポロポロ流れてきて、文が頭にはいらないのです。
あまりにもみっともなくって、そそくさと家に帰ってまいりました。
その後も 日蓮さんの霊言集をよんだりしながらすごしていると、また涙がこみあげてくる。
お掃除して体を動かして気をまぎらわそうとしたら、突然霊言集の中の一問が頭にうかんで、ドッと泣き崩れてしまう。
次の日、原先生のめいそう教室に行き、同室だった濱名さんとバッタリあい、「あそこは今思うと天上界だったのよね」といわれ、がく然としました。

どうやら、私はまだ地上におりてこれないようなのです。
涙をポロポロ流しながら、幸せで幸せで仕方がないのです。
どうして幸せなんでしょうね。わかりません、私には・・・。

本当にとりとめもないことをかきつづってしまいましたが、私の感動をわかっていただけたでしょうか。
先生、3日間本当にありがとうございました。
これから私は、自分がどうやって地上におりていくのか不安なのですけれども、今はとにかく至福の時に感謝したいと思います。
(1987年11月研修~木村恭子から大川への研修レポート)


当時、こうした研修会レポートは採点され、優秀答案は月刊誌に掲載されていました。
皆が真剣に取り組む中、大川はこの答案には果たして何点つけたのでしょうか?

確かに“普通”じゃありません。
そこは同意できます。
しかし、これが待っていた運命の人だとビビッときた方も“普通”じゃありません。

この後、神前で誓いを立てて結婚した二人ですが、泥沼の離婚劇を繰り広げて、今では他人の関係に。

夫は脅されて結婚したなどと言って信者を動員して妻を呪詛させ、妻は夫の不貞と幼児プレイを暴露して反撃し、数年間のダンマリを引き換えに高額の口止め料をせしめて夫婦の清算終了と、今となっては両者にとっても、これが不幸の始まりに他ならないのでしょうが、結局どちらの態度にも、自分たちが振り回した人々への謝意は微塵も示されませんでした。

このカルトによって、
家族を引き裂かれた人。
社会的信用を失った人。
経済的破綻に追い込まれた人。
絶望して自ら命を断ってしまった人。

多くの人々にとっての「幸福の科学」という不幸は、ありのまま、ご覧の通りの、かくもフザけたものから始まったのです。

(参考リンク)
記事中に抜粋した大川結婚式スピーチ全文含む関連記事ほか

したらば資料集2スレッド>>116より
スポンサーサイト

河口湖事件~祖父母を殺害した幸福の科学信者

「創価学会」信者の祖父を

「幸福の科学」信者の孫が殺害した

河口湖事件


新潮1


週刊新潮39

新潮目次


【河口湖事件の概要】

9月27日午前10時10分ごろ、山梨県富士河口湖町船津の住宅で、この家に住む三代益夫さん(83)と妻の三代セツ子さん(81)が血を流して死亡しているのを、富士河口湖町内に住む三代さん夫婦の次女が発見。

通報を受け、山梨県警富士吉田署の警察官らが現場に駆けつけたところ、2人の遺体にはそれぞれ刃物で刺されたような傷痕が複数残っていたことなどから、殺人事件と断定。県警捜査1課は同署に約120人態勢の捜査本部を設置した。

殺人事件の現場は、河口湖から約200m程度の民家や商店などが立ち並ぶ住宅街の一角で、捜査本部によると、夫婦は木造2階建て住宅に2人暮らし。2人は別々の部屋に倒れ、死後数日経過しており、遺体にはいずれも鋭利な刃物によるとみられる複数の傷があった。

現場住宅の玄関は施錠されておらず、また室内に物色された形跡もなく、現場に凶器は残こっていなかった。

翌9月28日午前、県警富士吉田署捜査本部は、被害者の孫の少年が事件に関与した疑いが強まったとして逮捕状を請求。そして殺害された老夫婦の孫で高校3 年の18歳の少年が殺人の容疑で逮捕され、少年も自らが犯行に及んだことを認めている。

捜査関係者によると、2人には複数の刺し傷があり、中には相当深いものもあるなど、遺体の状況から2人が強い殺意を持って刺されたとみられ、捜査本部は経緯を慎重に捜査している。
2015/10/07 現在(各紙既出報道まとめ)


新潮2

新潮3

この週刊新潮の記事で、この犯人の少年が幸福の科学信者であると報じられましたが、これ以前に事件を扱った一部TVニュースの中では、少年の高校卒業後の進路をめぐって老夫婦との間で問題が生じていたとの情報もあり、文科省から不認可の処分をうけ開学できなかった、教団が運営する私塾HSUへの入学をめぐる家族内でのトラブルが凶行のきっかけになった可能性が考えられます。

詳しい動機の解明には、両親含む家庭環境の調査も合わせた今後の捜査の進展を待つしかありませんが、少なくとも「創価学会」の祖父母を「幸福の科学」の孫が恨んで殺害したという構図であることには違いがありません。

数日前より、幸福の科学信者の関与を匂わせる情報が少々ありましたが、今日の一報に接し、正直なところ、まさかと驚くより、とうとう起こってしまったかというのが率直な感慨です。

なぜなら、この幸福の科学というカルトには、こうした加害者を生むだけの素地があるからです。

教団内には、初期からの重要な戒律として、「和合僧破壊の罪」というものを定めています。

仏神を疑う心、人間の中にある仏性を疑う心、真理を疑う心を「疑」とし、悪魔に通じる心であるとして、それは魂を否定すること、自分たちの全存在を否定する、魂を殺すことと同義として、仏を疑うことは許されないというものです。

大川隆法の「仏陀再誕」の中で「和合僧破壊の罪」について以下のようにあります。

この罪より逃るるは難し
この罪、ひじょうに大きな罪にて
たとい殺人、強盗、暴行を犯すとも、これほどの罪にはならず
殺人を犯しても
これは地上の人間の魂を、肉体から遊離させるにすぎず
暴行もまた
地上の人間に、肉体の傷みを起こさせる程度にしかすぎない


こうして教祖や教団への批判的精神を抱くことへの恐れと罪の意識を植えつけ、盲目的な100%の信仰を要求していきます。

また、信者が日々唱える教団の根本経典には「降魔経」なるものが存在します。

大川隆法「仏説・降魔経」

仏法流布を 妨ぐる 悪魔はこれを 許すまじ
仏・法・僧への 中傷は 極悪非道の 所業なり
もはや人間として生まれるは これが最後と悟るべし

この世のいかなる大罪も 三宝誹謗に 如くはなし
和合僧破壊の罪は 阿鼻叫喚 堕地獄への道 避け難し

仏陀はこの世の光なり しかして宇宙の生命なり
宇宙の叡智に刃向かいて 逃るるすべは なかりけり

これより後
悪魔は法剣に 撃たるべし
地上の悪魔は撃退せん 地下の悪魔は粉砕せん

汝ら 仏の法力の 威力を知らぬはずもなし
邪悪な心を持ちたれども 汝らもとは人間なり
仏性その身に宿るなら 仏の慈悲がわかるはず

これより後
如来の法を 妨ぐる 悪はこの世に許すまじ
降魔の剣を 振りおろし
最後の悪を 打ち砕かん


幸福の科学では、教祖の大川による定めとして、文字通り殺人や暴行よりも「和合僧破壊の罪」が絶対的禁忌、最悪の罪なのです。
このことで、自ずと他のタブーは相対的に罪の重さが下げられます。
つまり信者にとって殺人はワーストワンの罪ではないということです。

オウム真理教でも同様の要素がありました。
批判者の魂の救済として行う殺人「ポア」の思想です。

大川を受け入れた一貫性に縛られているうちに、やがて愚鈍化して思考停止し、教団の箱庭の中で教義を擦りこまれ、純粋培養された挙句には、人格の歪められた操り人形の如くの信者が形成され、それが加害者となっていってしまいます。

この事件の本質は、幸福の科学というカルトの果実そのものです。


(参考記事)
『ダブルバインド』不幸の科学~なぜ幸福の科学では幸せになれないのか?
※こうした加害者を生む背景として、以前に私が考察したものです。
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR