幸福の科学 高裁ダブルヘッダー連敗

「週刊新潮」記事巡る控訴審

幸福の科学学園側が敗訴

「週刊新潮」の記事で名誉を傷付けられたとして、学校法人幸福の科学学園が発行元の新潮社と記事執筆者のフリーライターに対して1億円の損害賠償などを請求していた訴訟の控訴審で、東京高裁は26日、名誉毀損による違法行為は認められないとして、学園側の請求を棄却した1審・東京地裁判決に続いて、学園側の控訴を棄却する判決を言い渡した。

事実認定の部分においても補正がなされ、幸福の科学学園側が藤倉氏の取材活動を妨害した事実のほか、記事中“独房懲罰”と表現した同学園内での生徒への隔離措置について、「期間中、食事および入浴時間も他の生徒と接触や連絡ができず、部屋で、勉強をしたり、幸福の科学に関するDVDを見たり著書を読んだりしなければならないのであって、全くの自由時間が予定されていないものでかなり厳しいもの」とする文言も加えられ、1審以上に学園側に厳しい内容が補足された。

イイシラセ
記事執筆者のフリーライター藤倉善郎氏

本日はさらに、別にもうひとつ。
2015年03月26日 21時00分 YOMIURI ONLINEより

「週刊文春」記事巡る控訴審、幸福の科学側が敗訴

「週刊文春」の記事で名誉を傷付けられたとして、宗教法人「幸福の科学」側が発行元の文芸春秋などに計1億円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(高世三郎裁判長)は26日、同社側に50万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を取り消し、幸福の科学側の請求を棄却する判決を言い渡した。

1審判決は、同誌が2011年、幸福の科学の大川隆法総裁と女性職員との会話内容などを報じた記事の一部が真実ではなく、名誉毀損きそんにあたると認定。一方、高裁は「真実と信じる相当の理由があった」と判断した。
スポンサーサイト

カルト・霊感商法被害110番

法律相談


カルト・霊感商法被害110番

オウム真理教による地下鉄サリン事件から20年。
今も破壊的カルト宗教や霊感・開運商法の被害が発生しています。

お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
弁護士が無料でご相談にのります。

<ご相談典型例>

・カルト宗教の教祖の言いなりになって生活、人生を破壊されそうな方やその親族
・親族や知り合いがカルト宗教に入信してしまい、家庭崩壊の危機にある方
・除霊・開運祈祷・占い・開運商品などで高額な費用を支払わされた方

日時:平成27年3月20日(金)10時~15時まで
電話:当日のみの専用電話です。

東京:03-5366-5100

名古屋:052-954-0038

大阪:06-6311-6222

福岡:092-735-4777



主催:全国霊感商法対策弁護士連絡会 
電話:03-3358-6179(火・木曜 11:00~16:00)

※火・木曜以外の問い合わせ先
「東京共同法律事務所」
電話:03-3341-3133
弁護士:山口・木村・中川

以上

幸福の科学関連の場合、脱会して来世幸福園から改葬する際の、納骨壇使用契約金等の返還請求に関しては、現在では実績があります。
その他、現時点で直ちに解決策が示されなくても、実態や被害の類型が蓄積されることで、この先に繋がる可能性があります。
個人で解決できない問題を抱えた方は、ぜひご相談をお勧めします。



発狂するカルト①「講談社フライデー事件」

大伝道のバブルがあっけなく弾けて、教団内にはどことなく焦燥感が漂っていました。
熱狂が冷めて、あからさまな現実の前に先行きを見出せず、ただ時間が流れていたのです。

大伝道のツケとして、この頃ではマスコミに取り上げられることが多くなっていて、それらは大体批判的な内容のものばかりでしたが、「読売菩薩」の例をひいて、信者の中ではそれらを敵視するような風潮はなく、大川自身も、例年通り、夏の旅行に東南アジアへ出かけたり、世界陸上の開会式を見たりと、見かけ呑気な日々を送っていました。
しかし、大伝道の失敗、財務の危機は、大川を深い不安に陥れ、心を蝕んでいったのでしょう。

とうとう、すべての状況が一変する時がやってきます。
幸福の科学による出版社への威力業務妨害。講談社フライデー事件の勃発です。

1991年8月31日(土)、その日は元々総合本部出社予定がなく、大川は練馬区関町の自宅におり、隣家の秘書詰所(AT呼ばれる)に非番を除く職員数名が通常待機しつつ、静かな朝を迎えていました。

午前9時過ぎから、私は警護課長に同行し、警護課車両のマークⅡで吉祥寺方面に外出していましたが、10時を過ぎた時、ATの中村幸樹(のちに実現党公認で選挙に出馬し落選)より自動車電話に、急きょ本部へ出社の報が入ります。

大川のセンチュリーは通常、警護課主任が運転し、助手席に秘書課長の村田隆信(最近公開された「悪妻封印祈願」で導師を務めている)が搭乗し、後部に大川と恭子らが乗車しますが、すでに村田が本部へ出社後であったため、この日は中村が乗車し、後部も大川ひとりで出発しました。

マークⅡは通常は警護車として後続に付くのですが、この日は予想外の出社となり、戻っても間に合わないため、紀尾井町に先行しました。

ほんの少しの差で、センチュリーより先にマークⅡが紀尾井町ビルの地下駐車場に滑り込むと、入口には秘書部長、課長が待機していました。

間もなく大川が到着すると、すぐに本部フロアーに上がって、主宰室で役職者らと会談に入りました。

昼近くになり、ATに残っていた須呂崇司が、セルシオに恭子を乗せて到着し合流しました。
そして午後になると、今度は大会議室に職員が招集され、ここで次週号のフライデー休刊に向けて、講談社への電話、FAXによる攻撃指示がなされたのです。

会議室での集会後、活動推進局員は興奮した様子で、都内の各支部に連絡を始めました。そして大川らは車で総合本部を後にします。向かった先は講談社。会社前で大川と恭子は車を降り、5分程度ではありましたが、講談社ビルをじっくり眺めます。

再び乗車すると、こんどは中野富士見町の関東本部へ移動しました。
関東本部には夕方4時近くに到着。既に支部レベルの職員、婦人部、青年部が動員されていました。

そしてここで緊急決起大会が開かれ、今度は信者に対し大川から直接指示がなされます。
「とりあえず3日間が勝負。次号を休刊に追い込もう」と。

この後、大川は関町に帰宅。夜8時近くになっていました。

フライデー記事1

フライデー記事2
フライデーの記事のひとつ。
本部から各教団拠点に配信されたもので、FAXのヘッダーには「91年8月31日18時02分 幸福の科学 活動推進局」の印字がある。


ATでは秘書課長、警護課長、秘書課2名、警護課6名が集合。
恭子経由で、マスコミの取材攻勢を避けるため大川夫婦が翌日より自宅を出てホテル西洋銀座に行き、また子供の宏洋と沙也加は、自宅女性秘書4名とともに課員2名が同行し、秋田の恭子の実家へ疎開させる旨の指示がなされました。

翌日の9月1日、午前中に大川夫婦は荷物をまとめて出発。
13:20、子供と女性秘書2名を乗せて、警護課主任がセルシオで羽田へ向け出発。
それ以外の者は電車で移動し、14:50に羽田第二到着ロビーで合流しました。

15:55のANA便で秋田へフライトし、16:55に秋田空港に到着。
空港にて食事をとり、ここからから2台のタクシーに分乗して出発。

19:30に恭子実家に到着し、恭子の両親へ事情の報告を済ませ、実家に子供2名、女性秘書1名を残し、20:30その他は近所の三船旅館へ移動。
ここで東京の本部に報告を入れた際に、翌日2日の8:30より、婦人部中心に電話作戦開始。11:00に本社前にてデモという計画が伝えられました。

住所メモ
秋田行きを命ぜられた私が、当時秘書課だった饗庭浩明(直道)から、ANAのチケットと一緒に渡されたメモ(一部画像加工)。

講談社フライデーへの攻撃の首謀者は、教祖の大川隆法です。
講談社への訴訟を持ちかけてきた弁護士によって、記録は全て消すように入れ知恵され、組織的に証拠隠滅されましたが、それでも教祖の指示による威力業務妨害であったことは隠すことはできませんでした。

また、フライデー次号はなんともなく発行されました。
教団挙げて昼夜なく電話FAX攻撃に勤しんでいた時期には、原稿は既に印刷所に回っており、まったく無意味な行為であったのです。

その半面では、マスコミの取り上げられ方は想定以上のものになり、潜伏先の西洋銀座も嗅ぎつけられたことから、山の上ホテル、高輪プリンス、本天沼の教団事務所と、大川の逃避行は1ヵ月以上の長丁場になります。

その中にあって、表向きの威勢の良さとは裏腹に、移動中にすれ違う一般人の持つカメラにさえ立ち止まって震えるほど、小心者の大川のマスコミへの恐怖感は大きくなっていたようです。

さらに、逃げまくっていたのはマスコミからばかりでなく、内部でも大きな歪が生じていました。

「幸福の科学を潰す気か!!」

四国徳島にいる、実父であり教団顧問であった善川が、事前に何の知らせもなく、このような暴挙に出たことについて、息子につなげと、再三激しく電話を入れてきていたのです。

その連絡も一切取りつがせず、転々と、ひたすら逃げまくる様子に、大川の自伝にあった、幼き日の「愚鈍な亀」の姿を見た気がしました。

無承諾伝道の嵐

91年夏に達成宣言した100万人の信者数。
しかし、教団が把握していたのは実のところ553,347人で、これだけでも嘘つきですが、「確定数」と認識していたこの数は、到達した入会申込みハガキの未処理分も含めたものであったため、対外的にアピールする虚栄とは裏腹に、ここからさらに教団内は大混乱に陥っていきます。

「確定数」としてカウントしていた未処理分のうち、1万人分しか実際の入会金振込がなかったからです。つまり純増と見込んだうちの、なんと49万人分もバブルであったということです。

どうしてこんな事態になったか。
ひとつはセールス伝道の表れです。

むかしの知り合いから、ある日久しぶりに電話があり、聞いてみたら「月刊誌読みませんか?」と。
「あぁ、宗教の勧誘か・・・」と分かって、とりあえずその場は当たり障りなく承諾し、会費の振込用紙が届いたら即ゴミ箱行きというパターンが多かったのです。

100人以上の勧誘に成功した「獅子奮迅菩薩」のところには、活動推進局から「伝道者の未入金リスト」が送り付けられ、早くフォローするようにと催促がなされました。大伝道中には、信者の鏡と礼賛された人たちが、その現実に打ちひしがれ、金で解決する者もいる一方、休眠化したり、人知れず教団を去っていく人が少なくありませんでした。

そして、この極端なバブルのもうひとつの側面が、教団内で「光の楔伝道」と言われた無承諾伝道にあります。

無承諾伝道

伝道実績の上がらない信者から、所有している名簿を提出させ、片っ端から送り付けたり、道端でアンケートして、収集した個人情報先に送り付けたりと、無謀なノルマに対して、滅茶苦茶な勧誘活動をしていたわけです。

上記の文書は、一見そうした現場(信者)の暴走を戒めるようなかたちでなされていますが、それが支部(職員)の主導で行われていることを理解したからこそ出されたものであることが読み取れます。

実際、町田の市議会議員から無承諾伝道のクレームがあり、それが職員によって成されたものであったという記録もあります。

こうした状況にあって、その夏、教団内でのボーナスにあたる「主宰奨励金」は、支部に積んであった11億円分の大川本の余剰在庫(ほぼ失敗書籍のアラー・ノストラ)の図書券での支給になり、その後さらに、職員の大リストラへとつながっていきます。

100万人を宣言したのに、実際増えたのは1万人ちょっとの悲惨な結果(しかも金だけ)。

「ぼくは嘘つきは嫌いだ」

この現実に対して、教祖の大川は理事に向かってそう激高しました。
結局のところ大川隆法は、バブルに踊らされた裸の王様に過ぎなかったのです。
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR