カルト自衛官の悪夢

関西校状況

こちらは幸福の科学学園関西校一期生の進路状況発表です。
相変わらず、文科省に不認可の処分をうけた私塾への入門を進学と言い張って憚りません。
一方、那須校と関西校の進路状況の別の部分が注視されています。

BJ記事

【記事リンク】
「公安当局、幸福の科学の自衛隊「潜入工作」を疑い警戒か」

上記の記事にあるような「潜入工作」と言えるかどうかは別として、教団が警察や自衛隊内等に橋頭保を設けようと活動するのは今に始まったことではなく、90年代も積極的に行っていました。その成果とは考えにくいですが、実際に元自衛隊員という経歴をもつ活動信者は現在も存在はしています。

しかし教団は、ある自衛隊幹部候補を引き抜いた末に、結局は持て余して簡単に捨てたことなどがきっかけで強い反感を買い、以降は有害なカルトの一つとして隊員教育がなされるようになったと、以前に関係者から聞いています。

現在も勧誘によって信者を獲得することは困難でしょう。
何より、清水富美加の出家騒動は、幸福の科学信者のありのままの姿を露骨に示し過ぎました。カルト自衛官の危機については、オウム、統一教会、顕正会などの事例もあるので、より厳しくなるでしょうし、そうすべきです。

彼らはあくまで教祖の大川の私兵であって、決して“全体の奉仕者”にはなりえません。
社会のルールを無視した独善的で無理矢理な現状変更の実際を見物した今となっては、警視庁公安部などが幸福の科学を監視対象としていることに、もはや疑問の余地はないと思います。
上記の記事媒体の社会的評価にかかわりなく、このことについては、私自身の部分でも独自のルートで把握しています。


以下は、私がかつて「大川隆法の本心」と題して、“『幸福の科学』撲滅対策本部★したらば営業所”内の資料集に投稿した、1994年3月に大川が一部の職員に行った談話記録の中から、学生信者についての考えを述べた部分の抜粋です。


大川隆法「学生部について」(抜粋)

「学生部が使えないと、宗教運動として盛り上がらない。学生部を機動部隊として使う。学生部のたまり場なんか金がかからない。10万もあれば借りて、たまり場に。そこを拠点にしてオルグさせて。授業の間に集まれるような。」

「最後、警察と戦うのは学生。レーニンの10月革命前の集会は2万3千だった。ワーとやって、一年後10万ぐらいになっていた。こんなもんで革命ができる。うちも全国の力を票めれたら、かなりのことやれる。」

「学内に上手に細胞をつくったら、 「とにかく仲間を増やせ」と言って。映画の券ぐらい学生に売りつけないと。民育ぐらいやってもらわんと。映画のチケットをさばかせる。ターゲット校を決めて、学内の会員数目標まで絞り込んでいこう。あと、卒業して社会的影響力が出てくる。左翼の活動家ばりに根をはって欲しい。」

大川にとって、若者はまさしく手駒です。
新年度が始まり、大学ではサークル活動の勧誘がこれから盛んになる時期です。
学生の皆さんは、くれぐれもカルトの甘い罠に注意して下さい。


【関連リンク】

「大川隆法の本心」(有志まとめサイト)

「大川隆法の本心」(したらば資料集699~733)


スポンサーサイト

森友学園と幸福の科学学園

森友学園の問題でワイドショーは連日の大騒ぎです。

森友問題構図

こちらは上記のアカウントの方が整理された森友問題の構図です。
テレビのワイドショーなどに見られる奇をてらった紙芝居風のフリップよりも、シンプルで見やすい出来栄えかと思います。

ここに示される、政治家の圧力や役人の恣意的な私学審議会運営、また校地に関わる疑義などの設置認可に関わる問題。そして、独善的な世界観の刷り込み、さらに生徒の虐待という教育の質にかかわる問題などは、正に幸福の科学学園の問題そのものでもあります。

毎日新聞は、2017年3月3日の社説で、森友学園の教育内容を「洗脳」という言葉を用いて厳しく批判しました。

毎日新聞社説

【記事リンク】
「森友学園 教育機関と言えるのか」

「政治について理解する力が身についていない幼児に、大人の思想を押しつけるのは教育ではなく、まさに洗脳である」

「子供の健全な成長に影響を及ぼしかねない深刻な事態だと受け止めなければならない」

幼稚園と高等学校という違いで黙認されているのでしょうか。
幸福の科学学園にいるのは幼児期から信者家庭で躾けられた二世信者で、普通の高校生とは言い難い集団です。それが公教育を隠れ蓑に、個人崇拝の洗脳を受けている状況にはお構いなしであるのは、いかなる違いによるのでしょうか。

それは結局、政局にかかわりがないからでしょう。
森友学園と同質の問題を抱えながら、幸福の科学が、さらにはカルト問題そのものが、依然として政治的に見捨てられた問題だということです。

毎日新聞の社説に私は同意ですが、一方で大手マスコミが「洗脳」という言葉まで使うのであれば、宗教がらみだからと逃げ腰にならずに、他の問題にもしっかり切り込んで一貫性を示してみせて頂きたいものです。


ところで、森友学園の問題については、明日23日に同法人の元理事長である籠池氏の証人喚問が予定されています。

ここ数日は、安倍首相からのものとされる100万円の寄付金について、紙ベースの証拠の評価をめぐって推測、憶測が乱れ飛び、オルタナ・ファクトになっています。

確かに不可思議な取引であることには違いはありませんが、田崎史郎とか山口敬之はじめ様々な仰々しい肩書のコメンテーターの多くが、実は会計処理のイロハや、犯罪収益移転防止法への無知を晒していることにお気づきでないのが滑稽です。

一般社会人で実務経験のある人には簡単に分かることなので、いちいち突っ込むのも面倒なくらい、冷めた目で見ている人が少なくないと思いますが、そもそも事実に先立って推理しても無意味であって、これらのことは、該当年度の資金収支元帳、総勘定元帳、周辺会計の帳簿、または関係者の口座記録など精査すれば済むことです。

寄付の件など問題の本丸ではないのですが、しかし、逆にだからこそ、お昼のワイドショー程度の主張が独り歩きしているような現状で、与野党それぞれ証人喚問の準備はホントに大丈夫なのか疑わしくなります。

安倍昭恵氏とあえば直道
あえば直道と安倍昭恵氏
トランプ当選直後、共和党顧問と詐称する「あえば」とのツーショット
内閣府の夫人付職員を使って自ら招いた会食の様子


私は、この夫人の自覚のなさ、軽率さが根本的な問題ではないかと思っています。
籠池氏の答弁によっては昭恵氏の説明責任も生じることになるでしょう。そもそも違法性のない寄付だったのに、「記憶がない」のか「やっていない」のか、偽証がからめば違法となりかねなくなりました。

人を殺せし人の哀しみ

平成7(1995)年3月20日
仕事で訪問した方の家のテレビに、地下鉄の地上出口付近に集まる多くの赤色灯と救護所の映像が映っていました。

そこは、ちょうどその日、同僚が出かける予定だった付近でした。お客さんのご厚意でお電話をお借りし、会社に安否確認の連絡を入れたところ、同僚はたまたま予定よりも早く行動しており、その時は既に帰社していたところで、結果的に無事ではありましたが、予定通りの行動であったら巻き込まれていた可能性が高く、数時間前に通過した場所の惨状にショックを受けていました。日常の中に、突然異常事態が飛び込んできた日です。

多大な犠牲者を出したオウム真理教による地下鉄サリン事件から22年。当時からオウム真理教の問題を追い続けている江川紹子氏の記事があります。

江川氏記事
【記事リンク】
彼はどのようにして地下鉄サリンの実行犯になったか

「彼はどのようにして地下鉄サリンの実行犯になったか」と題する記事の中で、元々は分別のあったはずの若者たちを、無差別大量殺人の実行に向かわせてしまった心の変化の過程を、こう紐解いています。

「どんなに非現実的なことであっても教祖が言えば、信者はそれを現実的なものとして受け入れるのがオウムだった。無意味なことでも、教祖の考えならば崇高な意味があり、それが分からないのは自分のレベルが低いからだと、信者たちはそれ以上深く考えようとしない。「グル(師)の意思」は、信者にとっていわば思考停止ワードだった。本件も、実行犯に教祖の指示を伝えた教団ナンバー2の言葉から、誰もが「グルの意思」と信じた。」

去る3月18日発行の「新潮45」には、幸福の科学の問題を追う藤倉善郎氏が「幸福の科学 その「洗脳力」の研究」という記事を寄稿しています。

新潮45 2017.3.18

その記事の中でも、「先生には深いお考えがあるに違いない」というかたちで、信者が自己の内面で生じた疑念を悪魔の囁きとして抑圧し、思考停止する過程が指摘されていますが、麻原彰晃と大川隆法、教祖や教団の性格の違いこそあれ、そこにはカルトに共通する人格変貌のメカニズムが示されています。

この二つの記事は是非とも御覧頂き、記録に留めて頂きたいと思います。

江川氏の記事中では、サリン事件の実行犯の一人である広瀬健一死刑囚の手記も案内されています。

広瀬健一死刑囚手記

丁寧な59枚に及ぶ手記は以下のリンクから御覧頂くことができます。
自筆の訴えに直接触れてみて下さい。

【広瀬健一死刑囚手記PDFリンク】
「カルトへの入会を防止する手紙」

私の中には、警察官か刑務官か、どういった方の言葉だったか今は思い出せないのですが、ひとつの言葉が沸いてきました。

「人を殺せし人の哀しみ」

命を奪われた方やそのご遺族、また現在も様々な後遺症に苦しむ方々とそのご家族、そうした被害者の方々にとって、いくら憎んでも余りある加害者であることには違いないとしても、彼らもまたカルトの被害者であることも理解しなければ、こうした凶行を繰り返させない社会を目指すことはできないと思います。

苦すぎる教訓を活かさなくてはいけません。

【その他関連リンク】井上嘉浩死刑囚支援サイト
Compassion「カルトを抜けて罪と向き合う」

信者を“おかず”にする教祖の自慰行為

清水富美加の出家宣言に始まる幸福の科学が巻き起こした一連の騒動。「出家」という行為の意味に泥を塗られ、宗教界も迷惑したことと思います。

一時は清水への同情的な意見もあったものの、全容が判明するにつれて擁護する声は影を潜め、一週間もするとシラケムードすら漂い、現在では殆ど話題にすらのぼらなくなりました。疾風怒濤の勢いで突っ走り、そのまま崖から奈落の底に落ちていった感じです。

今回の人騒がせな茶番劇、この筋書きには幸福の科学にとって2つの目論見があったのだろうと思います。

一つは、芸能人を広告塔に仕立て、世間に見向きされなくなり落ち込んでいた教勢の立て直しの契機にしようとしたこと。

そしてもう一つは、激しい劣等感の裏返しに、宇宙の根本仏にまで病的に肥大化した幼児的万能感を抱えたカルト教祖が、その底なしの空虚感の埋め合わせに、信者の清水富美加をオモチャにして、「荒んだ私の心を救ってくれた大川先生マンセー」と言わせて自己の承認欲求を満たしたかったこと。

要は、千眼美子を“おかず”にした、大川隆法のみっともない自慰行為に世間が付き合わされていたわけで、世人から完全に気味悪がられて当然の結果です。

今回の作戦も失敗に終わりましたが、教祖は決して責任を取りませんから、スケープゴートに、ワンパターンな大川の考えをヨイショしていた役員の誰かのクビが飛ぶでしょう。
また、今月のニューフェイスの加入によって喜び組のバランスが崩れますから、お役御免の宿下がりか、職員に払い下げのクリアランスになる姫も出てくるかと思われます。


「千眼美子」で教団が発信する「ポスト真実」とは裏腹に、事実によって強く印象図けられたのは、幸福の科学信者のトコトン不幸な人生模様でした。

彼女の周辺のことは、既に報道し尽くされているので、ここで改めてまとめる必要はないと思います。幸福の科学信者を親にもち、多様な価値観との接点に乏しい状況で生育した二世信者の彼女にとって、信者の親は毒親以外の何者でもありませんでした。

幸福の科学自体が、極端な善悪二元論の価値観にあり、さらに二世信者の彼女にとって、棄教は親との決別という要素も含むことから、私生活の問題が引き金とは言え、追い詰められたうえに教祖に迫られれば、彼女の選択肢も極端にならざるをえないのは自明のことです。

彼女の置かれた現状をよくよく考えれば、できることなら人身保護請求でも何でもして、今いる環境から離れたところに保護しないと相当マズい事態と思いますが、実際のところは、手の出しようがないのが残念なところです。

一見いかにも理性的な、もっともらしい態度で、奥歯にものが挟まったように「信仰の自由」とか「彼女自身の幸せ」などと、彼女の選択や教団自体への直接の批判を避ける意見も散見されます。確かに人の心を無理矢理に変えることはできないし、すべきでもないと思います。けれども、その中には対岸の火事的な、他者への無関心が隠れてはいないのでしょうか。私は、そんなに簡単に割り切って良いこととは思えません。

TOSHIさん著書
「ホームオブハート」から生還したTOSHIさん

X JAPANのボーカルTOSHIさんが「ホームオブハート」に取り込まれていた当時、放送局での取材を終えた帰り際、出待ちしていたファンたちが、TOSHIさんの背中に向かって、「帰ってきて!!」と、それぞれ渾身の思いを込めて訴え続ける映像を見たことがあります。

その時、TOSHIさんは、一瞬立ち止まりました。
TOSHIさんは、ファンたちに応えることなく、関係者に促されて背を向けたまま車に乗って立ち去るのですが、立ち止まった一瞬には、言葉が突き刺さったように表情が固まっていたのが印象に残っています。

批判を受け付けない頑なな心にも、きっとストレートな思いは届いたのでしょう。そうした気持ちのひとつひとつが、彼をカルトの闇から日常に生還させる命綱になったのだと思います。

清水富美加さんにも、その命綱が必要でしょう。
彼女が主演していた映画の舞台挨拶で、共演者が涙ながらに呼び掛けていましたが、こういう人として自然な声を、自粛しなければならない理由はありません。

カトリーヌ・ピカールさん
カトリーヌ・ピカールさん

フランスの反セクト法(無知脆弱性不法利用罪)の制定に尽力されたカトリーヌ・ピカール氏は、2015年に「日本脱カルト協会」の招きに応じて来日され、「フランスのカルト対策:発展と課題」と題された講演において、こう言われました。

「セクトの問題は宗教の問題ではなく人権の問題」であると。

人に害を与え、人を幸せにしないセクト(カルト)の、基本的人権と自由への侵害から個人と公共の利益を守るという概念があります。

宗教、信仰の問題だからと、口を閉ざす日本の状況は必ずしも常識的ではありません。

この差は一体どこから来るのでしょうか。
反セクト法を成立させた土壌には、「人権」へのボルテージの高さがあるように感じていますが、この講演の質疑応答の最後に同氏は、「フランスでも、ここに至るまでにはモンテスキューから400年かかっているのですよ」と、日本のカルト対策の今後を励まされました。

オウム真理教のような大事件を経験していながら、社会は教訓を活かせているのかと疑問に思うことは少なくありませんが、決して一朝一夕にいくものではなく、日本はまだまだこれからです。

一過性の過熱した報道が収まったこれからは、より本質に迫った議論が成熟することを願っています。

幸福の科学の問題は、宗教の問題ではなくカルトの問題。
そして、幸福の科学の問題は人権の問題なのです。

幸福の科学の奴隷契約

清水富美加の突然の芸能界引退からカルト宗教幸福の科学への出家。そして暴露本の炎上マーケティングから、例によってダミー団体の設置と。

「芸能人の労働環境を糺す会」だそうですが、行動パターンもダミー団体のネーミングセンスも、一連のシナリオを誰が考えたのかが一目瞭然の、発想が貧困でまったく進歩がないですね。

創価戦2c
95.3.1 10:02(94.3.1と記載ミス)【パトリオット戦略】

「日蓮正宗有識者の会」
「創価暴力学会被害者の会」
「日本のKGB化を憂える会」


大川直筆の対創価学会攻撃指示書で、得意の怪文書ビラまき作戦が記載されており、大川発案のダミー団体名には「千眼美子」に通じる命名センスのなさが伺えます。

今回もきっと「パトリオットを打ち込む」とか言って興奮して始めたのでしょうが、2~3カ月くらいかけて準備した割に練り込みが甘く、拙速に事を運んでしまって、教団はもうオプションを使い切ってしまいました。

今年は伝道の年だそうで、本来、広報活動は、現場前線の後方支援的な役割のはずだと思いますが、味方の地上部隊ごと爆撃して、気前よく焦土と化してしまった感じです。

これでは信者が日常これから信仰告白などしようものなら、状況を起こす以前より遥かに冷たく厳しいレスポンスが待っていることでしょう。清水富美加にも教団にも、いまや反感と嫌悪、嘲笑ばかりで、もはや好意的な芽など、どこにも生えていません。

ちなみに紹介がてら、今回ダミー団体の代表に収まった弁護士の松井妙子というのは、日本におけるスラップ(威圧訴訟・恫喝訴訟)の典型として語り継がれている、幸福の科学が山口広弁護士に対して行い敗訴した裁判の際の、教団側代理人のひとりだった者です。
SLAPP指示書
大川直筆のSLAPP(威圧恫喝訴訟)指示書

さて、現在の騒動の中で、芸能事務所の労働条件に対して、教団はそれを「奴隷」などという表現で批判して自己正当化を謀っていましたが、職員当時の明細を見つけたついでにもうひとつ、芸能界など可愛いくらいの、幸福の科学職員の残酷な現実をお示ししておきます。


今回根拠とするのは、以下の2つです。

91.9 明細内訳
1991年9月明細内訳

【 支 給 】 総支給額 ¥308,148円

内訳 
基本給  ¥140,000円
調整費B ¥20,000円
調整費2 ¥148,148円

【 控 除 】 控除合計 ¥36,024円

内訳 
健康保険 ¥6,720円 厚生年金保険 ¥11,600円 雇用保険 ¥1,694円

課税対象額 ¥288,134円

所得税 ¥16,010円

【差引支給額】 ¥272,124円

出勤日数 21日


※私は91年8月1日付の入局であったので、教団の経理の都合から8月には支給はなく、この9月度に2か月分が合算(調整費2が8月分ということ)されており、これが職員として初めての給与でした。
調整費Bというのは、本来の基本給が¥160,000円であるところ、入局から半年は試用期間として、このような処理になっています。

91.10 明細内訳
1991年10月明細内訳

【 支 給 】 総支給額 ¥160,000円

内訳 
基本給  ¥140,000円
調整費B ¥20,000円

【 控 除 】 控除合計 ¥24,760円

内訳 
健康保険 ¥6,720円 厚生年金保険 ¥11,600円 雇用保険 ¥880円

課税対象額 ¥140,800円

所得税 ¥5,560円

【差引支給額】 ¥135,240円

出勤日数 21日


上記は入局したての頃のものなので住民税の特別徴収がありませんが、それ以外は前の記事で掲載した明細の内容と基本的に違いはありません。

今回この明細を掲載したポイントは、その時期にあります。
1991年の9月から10月と言えば、幸福の科学が講談社に対して、大川隆法の号令のもと、電話・FAX攻撃やデモ等の組織的な威力業務妨害を行った「講談社フライデー事件」のころに当たります。

警護課章

こちらは警護課の職員章
通常は銀イブシの職員章をしますが、講演会時など課員の判別を高めるために、警護課だけが付けていたバッチです。一般会員さんがしていた黄色のバッチを特注で赤くしたもので、9つくらいしか作られなかったとのこと。退職時に職員章と一緒に返却しようとしたら、警護課は解散してもうないから記念にあげますと言うので、保存しておきました。
私は総合本部事務局秘書部警護課の職員として入局していたので、職員になって1カ月の頃にこの状況に当たることとなりました。

さて、フライデー事件の勃発は、世間的には91年9月2日となっていますが、教団内では8月31日に、大川が急遽紀尾井町の総合本部に出向いて講談社攻撃を指示し、夕方には中野富士見町にあった関東本部に信者を動員して、まずフライデー次号を休刊に追い込むと宣言するなど、2日前から始まっています。

私は翌9月1日から、大川家長男の宏洋と長女の沙也加、自宅家事手伝いの女性職員4名をともなって、当時教祖補佐であった大川きょう子の実家である秋田まで連れて行き、一週間少しの間滞在し、現地にマスコミ等の訪問がないと判断した段階で、子供と女性職員を残して帰京。すぐに他の課員と合流して、事件発生前から、マスコミを恐れて都内のホテル等を転々と逃げ回っていた大川夫婦に、結局のところ10月下旬のベイNKホールでの講演会を最後に警護課が解散になるまで同行していました。

結局、着替えを取りに半日程度の帰宅をたまにする以外は、日中はずっと大川らに同行し、夜は宿舎の近所か、練馬の自宅横の警護課詰め所に待機しつづけ、8月末から約50日間休みなしです。

時間外労働はいったい何時間になっていたのでしょうか。
明細上は21日の記載ですが、勤怠管理など全くなく、実際の状況は何ひとつ反映していません。凄まじいこき使い方で本当に滅茶苦茶に疲労困憊しました。

信者も職員も愚かな教祖に振り回され、フライデーも通常営業のまま、一方で教団の財務は切迫し、また世間から完全にカルト認定を受けただけのオチでしたが、大川隆法の小心で臆病な人間性をじっくり観察できたことが、せめてもの慰めです。
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR