産地偽装をした幸福の科学信者企業

幸福の科学では、いわゆる布施のことを「植福」といい、多額の植福を行う信者は「大黒天」と呼ばれ、信者にとっての一つのステイタスになっています。

この大黒天の中には、様々な事業規模の差はあるものの、少なからず経営者もいて、それらは信者企業として教団の諸活動のスポンサーに度々名を連ね、その中でも「大黒天物産」は筆頭のパトロンでした。

その「大黒天物産」において、食肉の産地偽装が発覚したようです。

大黒天物産の産地偽装(NHKニュース)
【記事リンク】(動画付き)
NHK NEWS WEB 2018.6.8 19:00
焼き鳥「中国産」表示せず 


大黒天物産の産地偽装(産経ニュース)
【記事リンク】
産経WEST 2018.6.8 19:56
「中国産」表示せず「焼き鳥」109万パック販売…農水省が是正などを指示

教団のアニメ映画「永遠の法」を特集したザ・リバティ2006年10月号の巻末には、スポンサーとして1ページ丸々の企業広告を掲載しています。

2006.10ザ・リバティ別冊 表紙

2006.10ザ・リバティ別冊巻末広告

この広告によると、大黒天物産というのは、教団の立宗と同じ頃合いの1986年に倉敷の青果市場内での行商からスタートし、教団が「サンライズ計画」と称して最初の大伝道を行った1990年に「幸福の商店」という名前で初の店舗展開、そして3ヶ年にまたがり更なる教勢拡大を狙ったミラクル計画中の1994年には「ビックバンテント」なる拠点を設けて販路を拡大、その後も着実に店舗展開を続け、2006年に東証二部に上場を果たしており、常に教団のアクションを意識し、その動きに沿う形で成長してきた様子には、企業を率いる信者の教団への熱い信仰心が伺えます。

信仰する教祖のインチキぶりや、教団の根拠なきバブル体質とは裏腹に、信者企業の側は堅実に歩んできたのか、この教団機関誌への1ページの広告にも、教団と共に歩んできた自社企業が上場を果たしたことの自負がみなぎって見えますが、ここに来て結局、教団の体質と同じような消費者の信用を裏切る醜態を晒すこととなりました。

大黒天物産本社全景
大黒天物産本社

2012年東証一部上場した大黒天物産
2012年には東証一部上場を果たしていたが

このニュースについて、正直なところ私的にはさして驚くほどではなく、2012年にある信者企業での産地偽装について情報があった際に、その流通ネットワーク上に同企業の名前もあった関係から、ひょっとしたらと、この企業についても可能性を疑っていた部分があったので、「やっぱりね」というのが率直な感想です。
スポンサーサイト

映画「ゆきゆきて、地球神軍」恫喝うけ公開延期へ

近日公開が予定されていた、成田天音監督作品「ゆきゆきて、地球神軍」が、上映予告の段階から始まった幸福の科学による様々な恫喝的圧力によって、大阪芸術大学大学映像学科卒業制作展「DFA2018」での上映が中止に追い込まれ、残念ながら公開が延期となりました。
(※「DFA2018」自体はスケジュール変更して実施されます)

幸福の科学からの圧力は、例によって関係者のTwitterアカウントへの攻撃から始まり、監督のアカウントが凍結されたり、DFA2018アカウントの該当ツイートが削除されたりし、またそうした嫌がらせと合わせて、幸福の科学はさらに、大学や当映画製作関係者に対して、訴訟をチラつかせて上映の中止を迫る執拗な抗議を繰り返していた模様です。大阪芸術大学の学生や教職員は、突然「議論のある破壊的カルト」からの予期せぬ干渉に直面することになり、さぞ困惑したことでしょう。

そんな中、「ゆきゆきて、地球神軍」の成田天音監督より、上映を楽しみにしていた多くの方々へ向けてコメントが発信されていますので、ここに転載してお知らせします。

監督あいさつ1

監督あいさつ2

学生の彼が示すこの矜持、大阪芸術大学魂としてお仲間の学生諸君はどうか誇りに思って下さい。そして他学の学生の皆さんも、負けるものかと発奮して頂きたいですね。

逆に、幸福の科学の言いなりのTwitter社や、いまや教団の提灯記事の御用聞きと化したフジサンケイグループような、みっともない大人たちは、いいかげん少しは恥を知り、彼の爪の垢でも煎じて飲むといい。

大学の関係者は、きっと生のカルトを見るのが初めてで驚いたことでしょうけれど、幸福の科学など、20年前から信者が増えておらず、いまや社会不適応の高齢者と、反対に教団の箱庭に囲われ社会的訓練が不足したまま成長した気の毒な若者らで構成される、たかだか活動信者4000人程度のアホカルトに過ぎません。大学関係者の皆様には、どうか彼らのハリボテの虚勢に惑わされることなく、毅然として教育者の矜持を示されることを望みます。

【教育関係者の皆様必見】
「カルト対策学校ネットワークのご案内」
リンク先:JSCPR 日本脱カルト協会

本日は取り急ぎお知らせまで。
このことについては、後日あらためてまとめを行う予定です。

映画 「ゆきゆきて、地球神軍」公開へ

これまで幸福の科学を扱った映像資料としては、1991年6月頃にTBSの「報道特集」で取り上げられた以外は、教団がフライデー事件を起こして報道が過熱した時期や、昨年の清水富美加の出家騒動のような話題があった時くらいで、その他は教団協賛店であるフジサンケイグループの提灯ニュースで扱われる程度でしたが、このたび新進気鋭の若きクリエイター成田天音監督によって、幸福の科学のリアルに迫る画期的なドキュメンタリー映画「ゆきゆきて、地球神軍」が完成上映される運びとなったようです。

今回は関西地域での上映ですが、今後あらたに東京ほか別会場での公開に向けて、私も全面的に支援をさせて頂く所存です。

「ゆきゆきて、地球神軍」

映画「ゆきゆきて、地球神軍」広報
映画 「ゆきゆきて、地球神軍」


DFA2018実行委員会広報
DFA 2018 実行委員会‏


「ゆきゆきて、地球神軍」識者評
「ゆきゆきて、地球神軍」識者推薦コメント

ゆきゆきて地球神軍1

ゆきゆきて地球神軍3

ゆきゆきて地球神軍4

ゆきゆきて地球神軍2

【2018大阪芸術大学映像学科卒業制作展「DFA」アクセス】

学内展 2018年2月11日(日)、12 日(月・祝)11:00〜
「大阪芸術大学キャンパス」
Google マップ


学外展 2018年3月3日 (土)19:50〜
「あべのアポロシネマ」
Google マップ

ELBISプロジェクト始動

ELBISプロジェクト
幸福の科学施設の統廃合を捕捉する「ELBISプロジェクト」

ELBISプロジェクト は、幸福の科学による施設のBAN(統廃合)状況を把握するための我々独自の情報データベース「ELBIS」(El Cantare BAN Information System) を作成、運用するプロジェクトです。幸福の科学の現役信者、信者家族、脱会者、ジャーナリストなど幸福の科学に批判的なメンバーによって、やや日刊カルト新聞社の協力のもと運営されています。

当サイトは、皆様からの情報を元にELBISをより精度の高いものにしていくため、暫定情報を掲載しつつ情報提供を呼びかけるために開設しました。

幸福の科学は日本国内の信者数1100万人を謳っていますが、実働信者数は最盛期でも3万人程度。現在では1万人を切るのではないかと語る脱会者もいます。教団職員の減給やリストラ等の噂もある中、外部からでも教団の動向を客観的に把握しやすい重要な指標が、教団施設の数や稼働状況です。教団に対する批判はさておいて、まずは教団施設についてより正確な情報を整理していくことが、本プロジェクトの目的です。

当サイトは、ELBISプロジェクトの一環として、暫定情報を一般に向けて発信するとともに皆様からの情報提供を受け付けるために開設しました。蓄積した情報は随時、当サイトで報告するとともに、やや日刊カルト新聞社が発行する雑誌「バンズウィーク日本版」の別冊としてまとめ、8月のコミケで発売する予定です。

全国に散らばる施設の現状確認のため、ぜひ皆様のご協力をお願い致します。詳しくは「情報提供のお願い」のページを御覧ください。

Contact Us:やや日刊カルト新聞社内ELBIS係
daily.cult@gmail.com



【関連記事】やや日刊カルト新聞
「幸福の科学施設が統廃合で1割減! 衰退をウォッチする写真祭りスタート」

地元の支部が閉められても、「精舎に光を結集する」程度の説明にコロッと騙され、全国的に急速な統廃合の波が押し寄せていることに気付くことなく、大川宏洋の放逐さえ知らないままの信者が大勢います。教団発の大本営発表のみを信じ、自ら情報を求めようとしない現役信者は完全な情報弱者です。

また、幸福の科学がいかにハリボテのインチキ教団であるかを理解せずに、過去のフライデー事件の亡霊に怯えるマスコミ人も、僅かですが未だにいて呆れることがあります。ある意味で現役信者に匹敵する情報弱者ぶりには、職業センスを疑います。

これから「ELBISプロジェクト」が詳らかにすることは、教団が信者に対してひた隠しにしてきた都合の悪い事実です。それは単に、現在の大リストラの実況というばかりでなく、信者の浄財がいかに無駄にされ、教団の一部の者を肥やすことに浪費されてきたのかを、客観的指標によって白日の下に晒すものとなるでしょう。

全世界各地において、カルトへの注力は有志によって絶え間なく常に続けられているものですが、崩壊過程にあるカルトへのこうしたアプローチは前代未聞だと思います。箱ものに拘る日本のカルトの特徴ゆえに成立した企画とも考えられますが、「ELBISプロジェクト」運営スタッフは、教団内の状況に精通した方々、また優秀なエンジニアの方々など本格的な布陣によって支えられています。

そして当プロジェクトを、さらに有意義なものに完成させていくためには、御覧の皆様からの情報提供が欠かせません。
どうぞ奮ってご参加をお待ちしております。

※「ELBISプロジェクト」を当ブログのリンクの先頭に設定しました。

暴走を始めるカルト

「やや日刊カルト新聞」の総裁である藤倉善郎氏が、幸福の科学教祖大川隆法が居住する大悟館に謝罪をかねて取材に行った際に、どこからともなく湧いてきた数人の教団職員によって公道上で妨害され、その後に付きまとわれ、巡回中の警察官に救済を求めてようやく解放された状況を実況した一連のツイートが、幸福の科学から抗議を受けたとみられるTwitter社によって突然削除され、さらに同氏のアカウントがロックされるという事態になっています。

アカウントロックについて1
アカウントロックについて2
アカウントロックについて3
アカウントロックについて4
アカウントロックについて5
アカウントロックについて6
アカウントロックについて7
アカウントロックについて8
アカウントロックについて9
アカウントロックについて10
アカウントロックについて11

【関連情報まとめ】

やや日刊カルト新聞社広報局

やや日刊カルト新聞総裁藤倉善郎氏が、幸福の科学大悟館へ謝罪に行った際のツイートに幸福の科学から虚偽の抗議を受け、ツイッターをロックされる。

教団側には、プライバシーの侵害という主張もあるようですが、上記のやや日刊カルト新聞広報にある通り、あらかじめカメラ前にあえて割り込む行動に対しての告知がなされています。

そして何より、「大悟館内に不法侵入をした」という主張には、教団側にまず立証責任があるところ、そのことについて証明がないばかりか、教団側が削除を行わせた藤倉善郎氏が撮影した写真こそが、同氏の撮影が公道上からのもので、「大悟館内に不法侵入をした」という幸福の科学側の主張が虚偽であることの証拠となっており、こうした状況から、削除依頼は虚偽の主張を強弁するための企みとも受け取れます。

公道からの撮影であった証拠1
撮影地点1
公道からの撮影で会った証拠2
撮影地点2

有志のまとめより転載
幸福の科学の虚偽を証明する必要から画像の価値が高まることとなりました。しかも元の画像にモザイク処理されていますが、怪しい空気感は隠せず、むしろ気味悪さが倍僧してしまっています

だいたい大悟館前を通るたびに、教団側の感情ひとつで、誰もがこのように湧いてくる職員によって取り囲まれ、付きまとわれる危険性があるとすれば忌々しきことであって、これは注意喚起情報として大いに周知される必要があるでしょう。

また、そもそも内容証明にあるような主張をするのであれば、藤倉善郎氏を尾行中、警察と遭遇した際に、教団側はなぜその場で申告をしなかったのでしょうか?

つねづね自分たちは死者・生者を問わず、他者の尊厳を平気で傷つけ、パブリシティ権の侵害を商売の柱にしているようでありながら、事あるごとに宗教を隠れ蓑にして被害者ずらをするというのが幸福の科学クオリティです。

今回の件は、幸福の科学のこうした「脅し」体質というのは、同教団が、現在の日本の法曹界において「スラップ訴訟」(恫喝訴訟・威圧訴訟)の象徴的事例として語り継がれているという事実に照らし合わせて、この教団の本質が反社会的なカルト集団であるということを、あらためて再確認できる良い機会であると思います。

法学セミナー2016年10月
日本評論社「法学セミナー」2016年10月号

スラップ訴訟特集第一章
「スラップ訴訟」特集における巻頭に幸福の科学の事例が載る

95.3.9 文書(スラップ指示書)
大川直筆の文書のひとつ
幸福の科学の「スラップ」が認定されるきっかけとなった

スラップ指示書拡大
「(訴えを)ブラフ(おどし)として使えばよい」

今後、「やや日刊カルト新聞」誌上でも続報がなされることと思いますが、Twitter社は、幸福の科学のスラップに屈することなく、Twitterの存在価値を自ら捨て去ることのないように期待します。

【関連動画】
「幸福の科学による批判的言論を威嚇する訴訟について」
山口広弁護士

プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR