幸福の科学と心中する産経の提灯記事

産経の提灯記事
産経ニュース 2017.5.23 17:00更新

清水富美加については、もはや重ねて語ることはないでしょう。
彼女の人生は、大事なところで教団に弄ばれて、社会的には既に“死に体”になってしまっていますから、今後どのような動きをしようと、この教団の駒になっている限りは、前後の連続性がなく、ただひたすらに今の我が身があるばかりという、カルト宗教信者に特有の醜態を露骨に晒し続けるのみで、教祖や教団に対する世間の嫌悪感を増幅するだけです。

ところで、記事の内容もさることながら、根本的に産経ニュースの姿勢は、いよいよ末期的です。
以前のフジサンケイグループ株主総会では、幸福の科学との蜜月ぶりに対して厳しい声が浴びせられ、その時に経営側は、「現場の判断だった」と回答して逃げをうっていたようですが、こんなことを繰り返して、結局のところ確信犯ではないですか。この傾倒ぶりは異常です。

【関連記事リンク】

不振フジHD株主総会、株主から批判続出

産経新聞が「幸福の科学」の広報紙に


株主は軽く言いくるめられて、馬鹿にされて、よく投資が続けられるものだと思います。
カルト教祖に貢ぎ続ける信者と構造的には同じであって、産経は保守側とは言われるものの、その実は保守とカルトの区別もつかない程度の知性の媒体ということなのでしょうか。

幸福の科学というのは、運営上に議論のある宗教、単なるアホカルトであるばかりでなく、かつては組織的な威力業務妨害も行い、近頃は組織的な選挙違反で摘発され、そのことについて何ら反省の総括もなく居直るという、幸福の科学は反社会的カルトなのです。

フジサンケイグループは、そうした反社会的勢力と共に手を携えて行こうというわけです。
こうした現状を、社員は一体どう考えているのでしょうか。

所詮はただの組織人に過ぎずに、ペンやマイクを握る者としての良心を堅持することなく、こんな有様を黙って追認して身内の膿も出せないようなら、”報道に携わる者“などという自己紹介は、金輪際いっさい認めたくありませんね。
スポンサーサイト

幸福の科学商法の無間地獄

「このたび主の御慈悲により『〇〇型〇〇〇』 を頂けることになりました。本当におめでとうございます!!」

こんな白々しい煽りを、心底「イイシラセ」と思って聞いている信者が果たして何人いるのでしょうか。

フィギアやペンダントなどなど、教団グッズの別仕様が出るたびに繰り返される、終わりなき勧進の無限ループ。

AKB商法とかEXILE商法などよりも、よっぽどえげつない背徳ビジネスと言えるのが幸福の科学商法です。

幸福の科学神器

こちらは、その最初期の91年末頃のグッズ。
教団の財政難の立て直しのひとつに、「三種の神器」と称して、奉納目安¥70,000円で展開した際のチラシです。

神器内容

そしてこれを始まりに、くだらないアイテムが次々と出されていくこととなります。
ネット検索すれば、次から次と出てきます。

また、「実話BUNKA」 2017年 4 月号 では、そのいくつかが掲載されました。
(現物資料提供はフリーライター藤倉善郎氏)

実話BUNKA超タブー VOL.19 2017年 04 月号 1

実話BUNKA超タブー VOL.19 2017年 04 月号 2

食玩以下の造形の型で大量生産して、タミヤのラッカーで仕上げたような教祖のスタチューに何十万~何百万円の値段付けて、次々と荒稼ぎのカルト丸儲け。

一方で信者は、身包みはがされ骨の髄までしゃぶり尽くされて、ボロ雑巾のようにやつれ果てて、信者コミュニティーは、生活破綻者、社会不適合者の溜まり場と化す。

次から次へと、際限がなく欲求を喚起され続ける。
足ることを許されず、応えなければ、揃えなければと強迫観念にさえ襲われる。
結局、物質主義が増幅されて、心は不安感や欠乏感に晒され安寧を得るどころではない。

幸福の科学に限ったことではなく、カルト全般に言えることですが、心を救うためと称して物への依存性を高めていく矛盾。

この無間地獄から自らを救うには、脱会という断捨離しかありません。

誰かさんも、言っていたではありませんか。「執着を断て」と。

どうか自分で自分自身を救い、口先だけの教祖を凌駕してください。

広告に偽りあり

積んどく功徳
「積んどく功徳」

こちらは91年頃、大川本の販売促進に作成されたA3判二つ折りのチラシ。

91年は100万人の会員獲得をぶち上げて、狂気の大伝道を行った年です。
社会不安を煽る教団の「恐怖アピール」は、今日ではすっかりお馴染みとなっていますが、この時も、まず危険性に関する恐怖情報として「アラーの大警告」と「ノストラダムス戦慄の啓示」という予言書を、次に危険の回避の仕方に関する勧告情報として「永遠の仏陀」という霊言本を大伝道の戦略書籍と位置付けていましたが、予言は大ハズレし、気味の悪い自画自賛になど耳を傾けられず、目論見は完全にスベって戦略書籍はたちまち不良在庫の山となりました。

戦略書籍広告

新聞やテレビに多額の広告宣伝費を投入したばかりか、100万人の大教団を装った辻褄合わせに要らぬ経費支出が重なって、教団財務は資金ショートの危機的状況に陥ります。

このチラシ裏側には書籍リストと広告があるのですが、支部や倉庫に積みっぱなしの在庫をなんとか売り払って資金化を図りたい、当時の教団の苦しい台所事情がにじみ出ています。

その時期は、人件費の抑制のため急激に職員のリストラが始められ、対象職員の掃き溜めに「会員サービス部」という営業部門が設置されていて、このチラシはサービス部員に渡されていたものです。

営業成績の悪い者から肩たたきされる仕組みです。
ちなみに、教団女性理事の愛染美星こと山田美星も、秘書部からお払い箱にされて新宿支部にサービス部員として配属されたのですが、ほんの数日来て以降は全く出勤せずにサボタージュを決め込んで引き籠ってしまい、同僚や会員さんをかなり心配させていました。本人はその間、総合本部に必死のアピールをして、本部に復職を果たします。

あの時、無断欠勤を理由にリストラされていたら、愛染なんて法名を烙印されることはなかったでしょう。
国際線のキャビンアテンダントをこなせる優秀な人だったので、外でも生きていく術はあったと思いますし、人としてはその方が幸せになれたんじゃないかと、本当に残念に思っています。

私も警護課解散後、徳島付きとして秘書部に戻るまでの約5ヶ月、東京南部目黒支部、西部武蔵野支部、北部新宿支部と転戦していました。

私はその時は既にアンチで、目立たず脱会する機会を窺っていたので、むしろリストラ上等と、販促活動などほとんどせず、統括支部長や主任と衝突ばかりしていたのですが、本部秘書部の圧力と、優しい会員さん方の助命嘆願があったりして、結果的に支部をたらい回しになる形で残ってしまっていました。

積んどく功徳2

ブログ記事用に、他の資料を探していて出てきてものですが、いかにも幸福の科学らしい安っぽいキャッチと、何よりいま見返せば皮肉たっぷりの寒い広告が、幸福の科学というカルト宗教のハチャメチャぶりをよく表していると思えたので、ここで紹介することにしました。

なんらかの期待を持って入門しながら、大川や教団の実態に接して幻滅し、あるいは絶望して去って行った者達の数が、現存する信者数を上回っている今日、幸福の科学は明らかに不幸の生産者です。

性格改善とか。
家庭不和とか。
事業不振とか。

まったく功徳がないどころか、何より幸福の科学こそが、それらの発生機序の根本ではないですか。

大川隆法が説く法など、無意味無価値な戯言に過ぎないことは、説くもの自らすら救うことがない事実によって実証済ということです。

「防ぐのは、オレだ。」

高齢者詐欺対策マニュアル
「マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル」

コンビニで購入できます。
振り込め詐欺(オレオレ詐欺)等の、詐欺・悪徳商法に対抗するための知識を、日本脱カルト協会の代表理事でもある、社会心理学者の西田公昭教授の解説と、見やすいマンガで整理されています。

コンビニでも購入できるのは良いですが、ただしご高齢者で、自ら自覚して本書を購入されるような方なら、そもそも意識が高い方と思われ、そうでない方々こそ被害者になってしまう可能性が高いことから、これは若い者が購入して送ったり、自分自身とてスキがあれば被害者になりかねないことを考えれば、まず自分が内容を嚙み砕いてから伝えるべきものかも知れません。

防ぐのは、オレだ。
【動画リンク】
「オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ。」

※「アタシアタシ詐欺」もありえなくないわけですが、警視庁犯罪抑止対策本部の調査では、犯人がなりすますのは、長男が49%、次男が27%、孫が11%、三男以降の息子が3%、その他が10%で、女性の親族になりすました事件はほとんどなく、一方でその被害者の約8割が60歳以上の女性で占められているようです。


母の日も近いことですし、これを赤いカーネーションとかプレゼントに添えて送ったり、訪ねて一緒に読んでみたりするのも悪くないんじゃないでしょうか。
(家庭的な事情で、それができなくても、自分が知っていることで、いつかどこかで誰かの助けになれるかも知れません)

本書は高齢者を狙った詐欺の被害防止を目的としたものですが、中では霊感商法にもふれらていますし、全体的に基本的なマインドコントロール手法の理解として、カルト対策に参考になる部分が多々あります。

最近のカルトは、中高生にも触手を伸ばしつつあり危険が増している状況から、カルト対策に特化したバージョンのものもあっても良いかと思います。

「マンガでわかる!学生カルト勧誘対策マニュアル」(案)
監修:西田公昭
執筆:藤倉善郎・鈴木エイト
漫画:村田らむ
といった企画は如何なものでしょうか?

カルト自衛官の悪夢

関西校状況

こちらは幸福の科学学園関西校一期生の進路状況発表です。
相変わらず、文科省に不認可の処分をうけた私塾への入門を進学と言い張って憚りません。
一方、那須校と関西校の進路状況の別の部分が注視されています。

BJ記事

【記事リンク】
「公安当局、幸福の科学の自衛隊「潜入工作」を疑い警戒か」

上記の記事にあるような「潜入工作」と言えるかどうかは別として、教団が警察や自衛隊内等に橋頭保を設けようと活動するのは今に始まったことではなく、90年代も積極的に行っていました。その成果とは考えにくいですが、実際に元自衛隊員という経歴をもつ活動信者は現在も存在はしています。

しかし教団は、ある自衛隊幹部候補を引き抜いた末に、結局は持て余して簡単に捨てたことなどがきっかけで強い反感を買い、以降は有害なカルトの一つとして隊員教育がなされるようになったと、以前に関係者から聞いています。

現在も勧誘によって信者を獲得することは困難でしょう。
何より、清水富美加の出家騒動は、幸福の科学信者のありのままの姿を露骨に示し過ぎました。カルト自衛官の危機については、オウム、統一教会、顕正会などの事例もあるので、より厳しくなるでしょうし、そうすべきです。

彼らはあくまで教祖の大川の私兵であって、決して“全体の奉仕者”にはなりえません。
社会のルールを無視した独善的で無理矢理な現状変更の実際を見物した今となっては、警視庁公安部などが幸福の科学を監視対象としていることに、もはや疑問の余地はないと思います。
上記の記事媒体の社会的評価にかかわりなく、このことについては、私自身の部分でも独自のルートで把握しています。


以下は、私がかつて「大川隆法の本心」と題して、“『幸福の科学』撲滅対策本部★したらば営業所”内の資料集に投稿した、1994年3月に大川が一部の職員に行った談話記録の中から、学生信者についての考えを述べた部分の抜粋です。


大川隆法「学生部について」(抜粋)

「学生部が使えないと、宗教運動として盛り上がらない。学生部を機動部隊として使う。学生部のたまり場なんか金がかからない。10万もあれば借りて、たまり場に。そこを拠点にしてオルグさせて。授業の間に集まれるような。」

「最後、警察と戦うのは学生。レーニンの10月革命前の集会は2万3千だった。ワーとやって、一年後10万ぐらいになっていた。こんなもんで革命ができる。うちも全国の力を票めれたら、かなりのことやれる。」

「学内に上手に細胞をつくったら、 「とにかく仲間を増やせ」と言って。映画の券ぐらい学生に売りつけないと。民育ぐらいやってもらわんと。映画のチケットをさばかせる。ターゲット校を決めて、学内の会員数目標まで絞り込んでいこう。あと、卒業して社会的影響力が出てくる。左翼の活動家ばりに根をはって欲しい。」

大川にとって、若者はまさしく手駒です。
新年度が始まり、大学ではサークル活動の勧誘がこれから盛んになる時期です。
学生の皆さんは、くれぐれもカルトの甘い罠に注意して下さい。


【関連リンク】

「大川隆法の本心」(有志まとめサイト)

「大川隆法の本心」(したらば資料集699~733)


プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR