FC2ブログ

“宏洋とえらてん”波長同通の法則

言行不一致で、一貫性や前後の連続性がなく、自分大好きなくせに自己破滅型であるのは、父親の隆法の気質とどこが違うのだろうか?

えらてんチャンネル1.jpg

軽薄な打算を達成しても事実は残ります。異常な“はしゃぎぶり”には違和感しかなく、百歩譲って、他の動画の最後に見せた反撃的な自己を活性化させた様子とあわせ、統制がとれない不安定なメンタルの痛々しい裏返しと受け取れなくもありませんが、どのみちこの選択がプラスに働くことはないでしょう。

宏洋チャンネル2.jpg

見たままで判断すれば良いと思います。こうして出す以上は、それだけに全責任を負うことになるのですから。
かつて、内心では何かおかしいと感じながら、その思いにあれこれ解釈を加えて蓋をし、教祖に対する査定を躊躇ったがために状況を悪くした轍を踏まないように。



【削除確定】幸福の科学総裁・大川隆法氏の長男の宏洋登場!教祖や幹部は霊言を信じてるの?年間の総収入は○○億円!?暴露連発




【アフタートーク】コラボ実現!えらてんさんとの対談、クソ面白かった!【堕天使宏洋・狂乱の宴】


宏洋は、教団を原資にするだけして、その他は自分の思い描く芸能活動にだけ没頭できる環境で享楽的な毎日が送れていたなら、それでも割って出ようというほどの覚悟は生じなかったのではないでしょうか。

願いが叶わず、窮屈な感じが募ったことが、そこを踏み出す第一歩になったとしても、自己実現の支障から脱会すること自体は何ら問題ないことです。そもそも脱会に大義名分などなくても構いません。ただし、そこから生き直すには筋道を定める必要はあります。

けれども、自分の内面の整理に真摯に向き合うことなく準備が整わないうちに、目先にとらわれて焦って露出し、教祖の長男という生い立ちの特殊性のみに依拠するばかりで、ろくなエビデンスもないうえに、いいかげんな現状把握で態度も不真面目というのでは、後付けの動機による行動の正当性を担保することもできなくなって、最後はその性根を簡単に見抜かれるまでです。

“えらてん”とつるんで、こんな程度の界隈のお山の大将に担がれて満足なら、所詮それまでのこと。

もともとクズ親子の泥仕合という構図でとらえれば、双方が醜く潰しあう消耗戦を傍から高みの見物を決め込んでいれば済むことなので、その意味ではどのような展開をしようと、こんな連中を宗家一族と崇める幸福の科学というインチキ教団のハリボテぶりを端的に示す材料として、今後もその存在価値を失うことはありません。

ただ、そうしてボロ雑巾のように消費されて終わるというのでは、あまりにも残酷で救いがなさ過ぎだと思っていました。むしろ、境遇に負けずに経験を昇華して、少しでもより良い形で自己存在の意義を見出し静かに発揮して欲しいと。

毒親とそれが敷いたレールを否定したいなら、目を背けずに現実を受け入れて、いったん落ち着いて別の道を志向し、徐々に違う姿を示していく以外にはなくて、それは時間を要する甚だ辛い道ですが、丁寧な禊を通じて自分の中にあるトラウマを終わらせていくことは可能なことで、災い転じて福となすという、彼にとっては通過儀礼としても尚のこと必須であると思っていました。

でも、今のようなパターンを繰り返しても、場当たり的で一時的な高揚感を得るだけで全く意味がなく、有害ですらあると思えます。

でも、どうしても安直な選択をし、崖の方に突っ走って行くのですね。
これでもし性根まで腐っているのだとしたら、もうどうにもなりません。

自覚なく自己決定権を奪われて来た二世の内の、さらに教祖の家庭という異常な環境に置かれたことを斟酌すれば、できるだけ寛容でありたいところでしたが、それらの要素が無限に批判をかわせる免罪符とはならないことを知るべきです。

93年に脱会して以降、成り行きからこのテーマに留まってきた自分は、かなり諦めの悪い方だと思っています。ただし、その期間に様々なパターンを見聞してきました。そうした観点から私は、この辺で彼に対するお節介な老婆心は辞めにします。
スポンサーサイト

大川隆法の身の程知らずな差別主義

「幸福の科学」大川隆法の長男であった宏洋の脱会宣言受けて、昨年12月、“教団の後継者”として育てられてきた半生について、彼本人が初めてテレビの取材に応えたことで注目された「真夜中の事件簿」(フジテレビ)でしたが、番組の告知がなされたあとに受けた教団や信者からの抗議に臆してか、当初は公表されていたいくつかの話題がカットされていました。

真夜中の事件簿 2018.12.8
小籔千豊が社会の裏側に迫る!“教団後継者”の半生とは

カットされた中には、「お付きの人だらけの家族旅行」といった話があったのですが、その代わりに、当方がTwitterにて「お付きの人だらけのディズニーランド」の資料を公開して、おそらく彼が言いたかったであろう、セクト宗教教祖一家を取り巻く異様さといったものを、いくらかは表現できたかと思います。

91.デイズニーランド

資料として示したのは、この教団秘書が作成した91年夏の大川一家のディズニーランド観覧のタイムスケジュール表ですが、食事などの席取りまで職員が奔走する滑稽さもさることながら、「マッサージ(健常者)」という記載に対して、その意味を訝るレスポンスも散見されました。

これは、文字通り「障がい者は不可」という意味の但書です。

大川は普段からひどい肩こりで、自宅にいるときは秘書役が肩もみをすることもありましたが、ホテルに宿泊した際には、ルームサービスを通じて依頼するのが常で、それができない場合は、出張のマッサージ師を探しておくほどで、以下のような記録もあります。

マッサージ師リスト

大川隆法はじめ幸福の科学の信者は、人物の評価に際して、まず過去世という霊的出自を根拠とし、また「波動がいい」とか「波動が悪い」とか言います。

所詮は大川のイイカゲンな思い付きの設定と第一印象の好き嫌い程度に過ぎないものを、霊的な雰囲気を醸し出して幸福の科学的な価値化を行うのですが、障がい者の方については、前世のカルマの刈り取りに、現世ではそのような境遇に身をやつしているといった根本的に蔑んだ見方をしていて、病気や障害を霊障(悪魔にやられた)という認知しかできませんから、自ずとこうした「マッサージ(健常者)」というような指示になっていきます。

そして、波動の良し悪しと、自分らの偏見に過ぎないもので人を裁くのです。

フレディ・マーキュリー霊言
霊言と称してフレディーマーキュリーを冒涜するのをやめて下さい!

近頃では、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットに嫉妬して、主人公のフレディ・マーキュリーの霊言を行って批判を受けています。ここでも霊言というかたちをとりながら、故人を構成する属性のひとつに過ぎず、そもそも欠点ですらないLGBTの側面をあげつらって、大川隆法による罵詈雑言が垂れ流されています。こうした差別も、障がい者を蔑視する根拠と同様の性根から発しているものです。

大川隆法というのは、他者性を担えないままの幼稚で自己中心的な人格で、命の尊厳とか人権とか、真剣に考えたことなど一瞬もなかったのだろうと思います。

しかし、このように三世を見通す大霊能者を気取り、その霊言と称するイタコ芸をして人を裁き続ける大川隆法ですが、そのインチキぶりは既に化けの皮が剥がされています。

強盗1

強盗2

大川隆法は、自分の運転手役の教団職員が女性下着専門の強盗犯であることを全く見抜けていませんでした。これは繕いようなく決定的な客観的事実です。こんなのが過去世だの波動がなんだと言う資格があるはずがありませんし、そんな大川を今なお大救世主と崇める信者の知性も明らかにイカレていますね。真に忌むべき人間であるのは、こうした大川隆法と幸福の科学の信者らこそです。

「幸福の科学」という社会病理の構造

昨年の清水富美加の信仰告白と出家騒動から始まり、今年は教祖の長男である大川宏洋の教団脱会と親子の絶縁宣言と、「幸福の科学」大川隆法の界隈では極端な出入りが激しく、これらの象徴的な事例が社会に与えたインパクトが、結果的にセクトの二世という存在が抱える問題をクローズアップさせることになった側面は否定できないと思います。

個人的にも、かつて関町公園や矢島町郷土資料館の広場を、手を引いて散歩した泣き虫の少年が、紆余曲折の末に、ようやく自己決定権を取り戻した様子は、見ていて感慨深いものがあります。

センセーショナルで、ややエンタメ部門な扱いからスポットが当たることとなったセクト二世の問題ですが、決して今に始まったことではなく以前から存在していました。私自身が、こうした親の信仰が子供の人生に与える甚大な影響について漠然と意識したのは、1985年6月に起こったエホバの証人信者の父親が事故に遭った子供への輸血を拒否した事件がきっかけでしたが、ニュースにならなくても、ずっと昔からセクトの数だけ様々な問題があったはずです。


「幸福の科学」も立宗から30年になり、そうした年回りに至ったということでしょう。私が1993年に幸福の科学を脱会した頃でも、既に支部には親に連れられてやってくる子供たちが大勢いて、子供を囲い込むための書籍も出版され始めていましたから、この子たちの行く末は果たしてどうなるのか、当時から将来に対して一抹の不安を残したままでいました。それが今日、危惧していた以上のかたちで深刻化しています。

そんな中、「ハーバービジネスオンライン」で、『短期集中連載・幸福の科学という「家庭ディストピア」』というシリーズが連載されました。

ネットメディアの記事としては、異例とも言えるボリュームで、「幸福の科学」が拡散する二世問題と、さらに「幸福の科学」というセクトそのものの根源にまで触れた、濃密な本格的論考です。

分量もさることながら、内容的にも、読者の側にも相応の胆力を要求するものですが、セクトの問題も二世の問題も、上っ面だけの理解では本質に至れないことの証明として、是非じっくりと腰を据えてご覧頂ければと思います。

HBO1
HARBOR BUSINESS Online 2018.12.18
幸福の科学という「家庭ディストピア」1
「終わりなきカルト2世問題の連鎖」


HBO2
HARBOR BUSINESS Online  2018.12.19
幸福の科学という「家庭ディストピア」2
「子どもたちを振り回す「2世」という鎖」



脱会者コミュニティ「RSFI MAIKA」始動

この度、かねてよりお知らせしていた「幸福の科学」の脱会者や家族のためのコミュニティをスタートしました。
RSFI MAIKAマーク

名称は
RSFI MAIKA
セクトの犠牲者である家族と個人を支えるネットワーク です。


【名称の由来について】

セクト(カルト)対策の先進国のフランスには「ADFI(Association pour la Défense des Familles et de l'Individu victimes des sectes)セクトの犠牲者である家族と個人を守る会」という組織があり、政治的な側面も有しつつ、破壊的セクトの脱会者や家族への各種支援や、政府および関係機関への情報提供等の公益事業を行っています。

そこでまず、この「ADFI」をセクト脱会者コミュニティの手本としつつ、「ADFI」のように具体的組織として、かつ対セクトの側面を強くする前に、SNSを活用しながら、まずは脱会者や家族の心理的孤立を防ぎ、当事者が抱える現実的問題に注力し、日常への復帰に向かって一歩踏み出そうとする人々を支えるセーフティーネットの機能を果たしたいと願って、その理念を込めて「Réseau pour la Soutenir des Familles et de l'Individu victimes des sects」(セクトの犠牲者である家族と個人を支えるネットワーク)としました。
(※当会については政治的側面はありません。)

そしてまた、団体の愛称として、同じく脱会者で、かつて活動を共にしながら、病のため早世してしまった仲間のハンドルネームを冠しました。

長く「幸福の科学」の問題に対峙してきた方々には直ぐに察しのつくところかと思います。舞華さんは、「幸福の科学」問題について議論する匿名掲示板に、最初は信者の側として登壇しながら、矛盾する教団の現実との狭間で激しく葛藤し、やがて自らの良心に目覚めて脱会に至りました。

この彼女が辿った精神的軌跡は、「幸福の科学」大川隆法信仰からの解放を考える上で象徴的な記録であり、没個性化された盲信の状態から、セクトからの離脱を経て本来の豊かな人間性が蘇っていく様子は、他の多くの脱会者や関係者に共感と希望を与えるものであったと思います。そうした故人が生前に示した志を、こうした形で再び開花させたかったというのが、その名を冠した理由です。

やや浪花節と言われるかも知れませんが、私が編成する会ですので、積極的で明快な人権の概念への誇りを基盤にセクト対策を成熟させたフランスと忘れ得ぬ仲間へのオマージュを込めて、「RSFI MAIKA」としてスタートします。

RSFI MAIKAヘッダー

ちなみに、当会は、「幸福の科学」の脱会者や家族のほか、教団の拠点開発等で地域を蹂躙された一般の方の窓口でもありたいと考えていますが、現段階では少なくとも基本的に「幸福の科学問題」という属性に絞っているにも関わらず、看板に教団名がなくては分かりづらいのではという部分もあるかも知れません。他の団体の例を見ても確かにその通りだと思います。

しかし私は、セクトの犠牲者にとって、義憤がこみ上げて止まない忌まわしき存在の名に、これより後も縛られる必要などないと思っています。なにより「幸福の科学」とか「Happy Science」などというダサい単語を付け加えてしまうと、途端にネタっぽくなって軽薄この上なくなってしまうという、この教団と教祖が30年に渡る活動の末に結実させた特殊な効果を考えると、なおさら邪魔です。


【今後について】

当会は問題意識のあるスタッフのボランティアによって運営されています。公式Twitterの案内が先行しましたが、現在ホームページも工事中です。Twitterは便利なツールであるものの、「幸福の科学」の圧力に対する脆弱性が指摘されておりますので、あくまで補助的な活用に留める考えですが、関心のある方は下記リンクのMAIKA公式Twitterをフォローしておいて下さい。

「RSFI MAIKA公式Twitter」

ボランティアゆえ、大きなことはできず、小さなことからコツコツと、遅々とした歩みで誠に恐縮ではありますが、適宜更新して参りますので宜しくお願い致します。

このブログについても一応継続する考えでおります。もともと私の役目は、教団成立以前からこの教団(宗派)が間違いであったことを、具体的資料を通じて明らかにしていくことだと思っていて、その他の研究も含めた表現の場がこちらであるからです。

但し、何かと立て込んできた場合、微力ゆえ、これまで以上に記事の更新が不定期になることも見込まれますので、そう多くはないと思いますが、定期的に御覧頂いていた皆様には、どうか気長にお付き合い頂ければと、お願い申し上げます。

「脱会者と家族の会(仮称)」準備中

「幸福の科学」の脱会者と家族の会の設立準備に当たって行ったTwitterでのアンケートについて、ご協力いただきました皆様に感謝いたします。おかげでコミュニティの方向性を確かめることができました。

コミュニティに望む事業として示した選択肢の中で、その優先順位の最終的な結果は以下の通りです。

アンケート最終結果

脱会者やご家族にとって、どの要素も重要であることは理解しており、それにあえて優先順位を付けて頂くというのは、そもそも酷なお願いでした。けれども、それだからこそ、結果の重みがあると考えています。

1位の「オフミーティングの主催」と、2位の「自立に向けた生活再建の相談」については、上位に来るとは予想していたものの、2位が予想以上の高水準となったのは、二世・三世の世代が、ちょうどこの問題に直面する頃合に当たっているということかと思います。

それから、「精神的回復をめざして専門家の紹介」と、「損害回復をめざして弁護士の紹介」については、終盤で順位が入れ替わり、僅差ではあるものの予想していたのとは逆の結果になりました。

多くのカルトにおいて、特に幸福の科学では、手を変え品を変え、様々な形で布施(植福)の勧進が行われていて、生活破綻に追い込むほどのえげつない収奪がなされている状況で、この部分の要請が多くなりそうな印象でしたが、現実的には、カルトの手口は老獪で、現在の日本の法制下では被害を立証しづらい面もあることから、比較的その損害回復が可能な範囲もあるにも関わらず、教団と向き合うことに疲れて、尻込みしてしまう方が少なくないのではと思われますし、また脱会者の、とかく自罰的な傾向の強さが影響しているようにも感じられます。

カルト教団に楽をさせてやる必要はないし、僅かでも回復できるものなら、それを求めた方が良いと思いますが、結果を全体的に総括してみると、これからいかに生き直すかという部分に優先順位が定まっているのは、それが待ったなしの問題であるからばかりでなく、脱会という前向きな決断をできた人たちならではの結果とも考えらそうです。

これから立ち上げるコミュニティは、これらの問題を主な課題として行こうと思います。完全に準備が整ったというかたちでの船出ではありませんが、走りながら考え対処していきます。

かなり前から、脱会者や被害者の会的な団体を作って欲しいという相談を度々受けてきました。その必要性は認めながらも、答えを保留してきたのは、果たしてそれが私の仕事なのであろうか?ということと、そもそも私が適任なのか?ということの葛藤があったからです。

それは今も無くなってはいませんが、一部に、教団批判をしていながら、結局のところ教団の世界観を引きずったままの脱会者がミニ教祖化して、分派活動のような状態になっている事例や、独善的な偽カウンセリングで他の脱会者を食い散らかしている件などを聞くにつけ、このような状況を放置しているわけにはいきません。

今日ではSNSの発達によって、誰もが自由に繋がることができます。その部分で事足れりとなれば、必ずしもコミュニティの形成は必要ないと思いますが、それだけでは済まない方々のために環境を提供しようとする場合、それぞれの希望に応じて、ある程度の地域性やパーソナリティなりを把握させて頂くことにはなると思います。

そうした形で、教団からの干渉を排除し、また他のメンバーに仇為すような資質の者の参加を抑制するなど、スタッフと相談しつつ、最終的には私の責任において判断させて頂きながら、参加者の安心と安全を担保していく考えです。バランス感覚が難しいところですが、平たく言えば、「敵の敵は味方」とは限らない。少なくとも私はそのような考え方ではありません。

もとより私が脱会者の代表ということではありませんので、あくまで私の方針です。アンケート回答数=エントリーではないので、実際どのくらいのニーズがあるのか全く未知数ですが、気負わずボチボチ進めたいと思います。

コミュニティの名称などは既に決めているので、もう少し準備が整いましたら、エントリー受付を始めます。

プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
セクトの犠牲者である家族と個人を支えるネットワーク
「RSFI MAIKA」代表

日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
「幸福の科学」を手掛かりに、セクトの問題について考えていきます。

脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR