スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルト問題の解明をめざして

洋の東西を問わず、また宗教や自己啓発、あるいは政治的思想などの別なく、カルト的集団には必ず一定のパターンがあります。それは所詮、人間のすることだからですが、事例の蓄積からパターンを分析できても、「なぜそうなるのか?」という根本的なメカニズムの解明には、未だ至っていません。

以下は人民寺院事件について扱われたものですが、ここにはオウム真理教や統一教会、また幸福の科学などの問題について考える手掛かりがあります。

【YouTubeリンク】
Why do people join cults? - Janja Lalich
(なぜ人はカルトにはまるのか? — ヤンヤ・ラリッチ)


【関連記事リンク】
「なぜ人はカルトに取り憑かれてしまうのか?」

オウム真理教による一連の事件から23年の歳月を数え、全ての裁判が結審された今日、元オウム真理教信者の死刑囚らの移送が始められて、にわかに死刑執行に向けた準備が加速してきた感がありますが、先日、法務大臣に対して、JSCPR日本脱カルト協会より、カルト問題の解明と再発防止の観点から、麻原死刑囚以外のオウム真理教元信者12名の死刑執行に反対する要請書が提出され、公益社団法人日本外国特派員協会において、JSCPR理事3名のほか、「オウム真理教家族の会」会長の永岡弘行さんも含めて記者会見が行われました。

JSCPR要請書1
JSCPR要請書2

【JSCPR日本脱カルト協会リンク】
法務大臣への要請書

【記者会見映像YouTubeリンク】
麻原死刑囚以外のオウム12人の死刑執行に反対
滝本弁護士らが会見(2018年3月19日)



こうした動きは、死刑囚の移送が始まったことに対して急遽行われたものという印象が強いと思われますが、教祖の麻原を除く12名の死刑執行反対については、以前より家族会のメンバーを中心に地道な署名活動が続けられていた事実があります。

多大な犠牲者を出し、今なお深刻な後遺症に悩まされている被害者も少なくない中、被害者、被害者家族といった全ての関係者の死刑囚への処罰感情は、当事者の方々の心を焼き焦がし、想像を絶するほど苦しく、全く癒されないままのものであろうと思われますが、そうした方々の中からの、死刑執行反対の訴えであるということの重みを、社会はしっかり受け止める必要があるでしょう。

このことは日本にとってだけでなく、世界にとっても必要なことであり、ゆえに、日本外国特派員協会において訴えられたことは意味があったと思います。

このまま彼らを殺してしまえば、多大な犠牲を出しながら、何ら総括もせぬまま教訓も学ぶことなく、ただ単に「臭いものに蓋」をして終わるだけです。

オウム真理教家族の会(旧-被害者の会)主催の署名のお願いと署名用紙は下記リンクをご覧ください。

滝本太郎弁護士ブログ「12名の死刑執行回避署名-お願い」

オウム真理教家族の会


スポンサーサイト

BANされた元本部~ELBISの歩き方②

徳島新町川橋詰 井上ビル (元聖地四国本部)
元聖地四国本部/徳島県徳島市新町橋1丁目5 井上ビル

こちらは、先にご紹介した宗教法人格認可のためだけに取得した「聖務統括本部」ができるまでの間、教団内における拠点順位第2位の位置づけであった「元聖地四国本部(元徳島支部)」が入っていた物件です。この井上ビルの3階が教団事務所でしたが、現在はテナントが変わり、教団事務所が入居していた頃の痕跡は全く残っていません。

聖地四国本部(91年)

当時この3階の窓ガラスには、「郷土徳島が生んだベストセラー作家 大川隆法著作シリーズ」「太陽の法」と、カッティングシートが貼り付けられていました。徳島に居た頃この建物の外観を撮影しておいたのですが、どこに仕舞ったか、なかなかその写真が出てこないので、その代わりに、とりあえず内部の様子をご覧に入れます。

元徳島支部(元聖地四国本部)1

徳島支部(元聖地四国本部)2

L字型のフロアーで、ガラスの引き戸を入って直ぐに事務所スペースで、奥に小さな水場があり、カーテンで仕切られたL字の奥が礼拝スペースです。

ちなみに、写真奥は徳島赴任当時の私。デスクトップPCは、幸福の科学の信者台帳である「ELIS」(エルカンターレインフォメーションシステム)の初期型で、月刊誌の郵送を業務委託のままにしていると、そこからマスコミに架空のバブル信者数が露呈してしまうからという動機で始められた「月刊誌ふれあい配布」に向けた準備中のひとコマです。

教団事務所になる以前このスペースには、大川の兄である中川力が運営していた学習塾がありました。「太陽塾」という名前で、中川家の家内制霊言は、当初は父の忠義(善川三朗)、長男の力(富山誠)、次男の隆(大川隆法)の3人で行われていましたが、家計が厳しいことと、何より長男の力が霊言事業に嫌気がさして離脱し、この「太陽塾」を始めた辺りから、忠義と隆の2人体制になっていった経緯があります。

しかしその「太陽塾」も、授業中の力が脳卒中のため、まさにここで倒れて半身不随の身になってしまったことで突然廃業に追い込まれてしまいます。そしてそれから暫くの時間を経て、ここが幸福の科学の四国の最初の拠点として利用されることとなったのです。

この物件、「太陽塾」から幸福の科学の事務所として利用されるようになってもなお、賃貸契約者は中川忠義の名義でした。「太陽塾」開校時は、父親が出資していたことから当然ではあっても、幸福の科学の事務所になってもなお名義が変わらなかったのは、あくまで貸主と善川との個人的な信頼関係を前提として、教団としての契約は拒まれていたためです。

昭和60年頃の新町橋風景
とくしまデジタルアーカイブプロジェクト 徳島市の昔の写真

こちらはネット上で見つけた昭和60年頃の井上ビルの画像で、ちょうど「太陽塾」があった時期になります。写真の左に見える「第一勧業銀行」(現:みずほ銀行)は、1929(昭和4)年に竣工した、コリント式柱頭と半円アーチ窓を特徴とする古風な外観の店舗ですが、善川は毎月一度ここに訪れては、自身の口座から資金を引き出し、その足で近くの阿波銀行に向かって賃料の支払い手続きを行うのをルーティンとしていて、善川が脳梗塞で入院した際には、善川の指示で私が送金したこともありました。

ある脱会者さんから伺った話として、この物件にまつわることについては、大川はある法話の中で以下のように語っていたようです。

「最後の名古屋支社時代の85年頃のこと、一年後に東京本社に戻った時点で、アメリカかドイツの駐在員になって、数年間日本に戻れなくなることは、ほぼ確実だったので、その時点では、退社して、独立できるだけの経済的基盤を、つくっておかなければならなかった」

「しかし、年初に御尊父と実兄がスタートした“失敗確実”の塾は、坂道を転げ落ちるがごとく、倒産への道をまっしぐらに進んでおり、御尊父からは、「銀行融資を受けたいので、商社の財務マンとして、連帯保証してくれ」と頼まれたが、それは、今後二十年間は会社を辞められなくなることを意味していた」

「しかし、実家の方では収入はなく、借金が着々と進行している状況でした。毎日毎日、累積赤字が、五、六十万円から百万円ぐらいずつ、どんどん積み重なっている状況だったので、もう“真っ青”でした」

「そして、「親子兄弟の縁を切るぞ」と脅されたので、しかたが無いと思い、「連帯保証人にはならないけれども、独立資金としてためていたお金の三分の一を出す」ということにしました」

「父や兄は、「そのお金は必ず返すから」と言いましたが、私のほうは、全然信じていなくて、「絶対に返ってくるはずのないお金であることは分かっているから、借用書などは要らない」と言いました」

「父や兄は、「そんなことはない。私達を信用しろ」と言っていましたが、私は、「絶対に返ってこないだろうから、寄付する。ただ、独立資金の全額を寄付したら、私はもはや独立できなくなるので、申し訳ないけれども、三分の一しか寄付できない」と言ったのです」

「独立して一年ぐらいは、所持金で食いつながなければいけないので、ためたお金の三分の二は、独立資金として残しておく必要があったのです。実際、1986年7月に会社を辞めてから、一年間は無収入でした。無職ではありませんが、浪人の様な状態です」

「とにかく、一年分の“兵糧”だけは何とか確保しておかなければなりませんでした。私は、「一年あれば、何とか歯車を回せる」という自信はあったので、「一年だけ、何とか持ちこたえなければいけない」という考えで、まさしく「背水の陣」を敷いたのです」

「したがって、「もし私が失敗したら、全滅になる」という状況でした。そうなった場合には、霊言集があるけれども、もしかしたら、悪魔が総がかりで攻撃してきていたのではないかと思ったかもしれません。それほどの破滅的な結果が来る可能性があったのです。そのような非常に苦しい時期でした」
幸福の科学教祖 大川隆法

現在教団は、教祖の自伝的映画という位置付けで「さらば青春、されど青春。」の公開を準備しており、信者には既に試写会も行われたようですが、内容はおそらく上記の法話を踏襲した、大川の自分史修正の自己愛全開な映画になることは間違いないでしょう。「死人に口なし」の典型で、大川隆法というのは、たとえ肉親であろうがお構いなく、他者を辱めることなしには、どうしても自分を高めることができない人間のようです。

「さらば青春、されど青春。」

お金を払ってキモチ悪い大川隆法の自慰行為的映画を観るほど悪趣味なことはありませんが、今回も例によって大量のタダ券がばら撒かれることでしょうから、風に流れて手に入れば、幸福の科学と絶縁した長男の宏洋のクサい演技を見物すると同時に、なにより大川が自分の過去を現在どのように歪めて認知しているのかを確認するのには良さそうです。

大川が自ら、中川家という自身の黒歴史にスポットを当てたことは、たまたま関係者の全てを見聞した私としても、これまで封印してきたことにスポットを当てる機会の到来を意味します。

中川家の黒歴史という部分では、上記の大川法話の他にも、当初は大川でなく長男の富山を中心に教団を興す予定だったというような説も流布されていて、そのことについての見解を求められることがあるのですが、そのことについて私は基本的に否定的な立場です。

詳しくは、先ず5月の映画の内容をよく確かめた後に、いずれ様々なことを踏まえて私なりの見解を明らかにしたいと考えていますが、例えばその説の内容については、父や兄を辱めるという意味で、上記の大川法話との一貫性のあるものとして、出所が大川自身であろうことは否定するつもりはなく、従って、このことについて直接または間接的に聞いた者には、それが事実と信じる真実相当性は生じるだろうと思います。

ただし、誇大妄想の自己愛的な変質者が、己の利害のために語っている背景を度外視して無批判に採用して済む話ではなく、大川が“寝物語”としてそのように語ったという「事実」と、中川家の真実としての客観的「事実」とは、冷静に分けて考えるべきではないかと、私は思っています。

関係者の殆どが他界し、残る当事者が変質者とあっては、突き詰めたところで、どのみち最後は選択の問題になってしまうことは否めませんが、脱会者個々人が、自力で過去を総括するにあたって、できるだけ正確で客観的な判断材料を基にして頂きたいという動機から、その時には可能な限り私なりの根拠をご提供したいと思っています。

さて、話を元聖地四国本部の物件に戻して、初期の物件の少なからずが、記念として取得されたり維持されているのに対し、善川や富山ゆかりのこの物件が手放され、今や見向きもされないでいるのはやや不自然ですが、大川にとっては、クドクドと煙たい父親と、自分に劣等感を植え付けた目障りな兄を思い出させる因縁の物件として、記憶から消してしまいたいのは無理からぬことで、教団としても、自前の精舎を建立したから賃貸契約を解約したというところでしょう。

けれども、この物件が、あくまで貸主と善川との個人的信頼関係を担保とした賃貸契約で、息子の大川や教団の信用では借りられなかった経緯を考えると、BANされたのはこの物件なのではなく、むしろ幸福の科学と大川隆法の側だったと言うのが正しい見方なのかも知れません。

淫祠邪教 #幸福の科学

幸福の科学信者らの、ごく普通の日常を扱ったドキュメンタリー映画「ゆきゆきて、地球神軍」(成田天音監督作品)は、2018年度大阪芸術大学映像学科卒業制作展「DFA2018」の学内展において、本来であれば無事に上映を終えていたところでしたが、公開直前になって、繰り返し執拗に仕掛けられた幸福の科学側からの恫喝的圧力によって、無念にも上映中止に追い込まれました。

黒塗りパンフ

「DFA2018」の学外展は、3月3日(土)と4日(日)に開催されますが、そこでも同作が上映されることはありません。カルト宗教の暴力的エゴイズムによって、大学の正当な教育研究活動が阻害されるという異常事態の発生。同作の箇所が雑に黒く塗りつぶされたパンフレットは、突然カルト宗教からの狂気に晒された大学関係者側の混乱ぶりを物語っています。

スラップ訴訟に象徴される通り、普段から威圧恫喝を得意とし、これまでも不都合な敵対者を黙らせようとしてきた幸福の科学ですが、今回もいつも通りのパターンで迫ったところが、不意にニュースとして取り上げられてしまい、そして教団への批判が高まってくると、今度は苦し紛れの主張を強弁して、自己弁護を謀ろうとしています。

BUZZAP
【関連記事リンク】
「幸福の科学、教団を描いた学生のドキュメンタリー映画「ゆきゆきて地球神軍」に訴訟をちらつかせて上映中止を要求」

J-CAST
【関連記事リンク】
「学生制作の「幸福の科学」映画、上映見合わせに 大学側と教団側の説明とは」

カルト脳は、善と悪、理想化と脱価値化といった極端な二分法を特徴としており、自分たち認めなければ即ち敵なので、こうした批判には過剰な態度を示すのです。

幸福の科学側の、「上映中止など求めていない」や「法的措置などとは言っていない」という主張は、今後このカルト教団のウソを暴く言質になりますので、しっかりと記録に留めておく必要があります。

また、肖像権やプライバシー権の侵害等で違法性や不当性も主張していますが、著名人のパブリシティ権を侵害し、そのキチガイ霊言を生業にしている連中の、これら盗人猛々しい物言いは、まさに「カルトにも三分の理」と言ったところでしょう。

大川イタコ霊言とは1
大川イタコ霊言とは2
【YouTubeリンク】幸福の科学 公式チャンネル
「霊言ってナニ?」

死者、生者を問わず、何かにつけて節操なく出版される幸福の科学の霊言本は、御覧の通りの、呆れるほど開き直った奇矯な論理で衆目に晒されているものです。

そもそも“霊言”というのは、もともと生命の死後存続、個的存在の永続性というテーマの中で、その客観的証明を目指した「スピリチュアリズム」のアプローチの一環として定着したもので、とりあえずその真偽は別としても、英国を中心に、少なくとも真摯な姿勢で取り組まれてきた歴史がありますが、イタコ芸と揶揄されるような、大川隆法が乱発する単なる戯言レベルの“守護霊霊言”を、「本人以上のホンネ」などと嘯く幸福の科学の不真面目な態度は、霊的世界の存在証明以前の、全く検証に値するシロモノではなく、著名人のネーム・バリューに便乗した、浅ましい話題作り以外の何ものでもありません。今や宗教の価値を貶めるものは、無神論者でも唯物主義者でもなくカルトなのです。

パブリシティ権の侵害
幸福の科学によるパブリシティ権侵害の一例

“霊言”に扱われた著名人にとっては、パブリシティ権の侵害であり、また教団関係者と錯誤されることを含め名誉棄損でもあると思いますが、現状このことについて殆どの方が黙ったままで、公式に抗議を表明したケースは稀です。

こうして無視を決め込む方々が多い理由は、 『霊言本に書かれていることは特殊な宗教論争であるため、幸福の科学信者以外で信じる人はいない』 と判示されて、大川隆法に対する名誉棄損の訴えが退けられた経緯があるからでしょう。そんなことでは「金持ち喧嘩せず」で、ハエや蚊に等しきキワモノ過ぎてマトモな批判の対象にすらならない程度の、気味の悪いカルトなどと関わるだけ損と考えて無理もありません。

【関連記事リンク】
「有名人の守護霊インタビュー本が名誉毀損にあたらない理由」
「最近『手塚治虫の霊言』という頭の痛い本が出版された」

しかし、カルト相手に沈黙は美徳ではありません。甚だ迷惑を被っている方々に向かって、それが罪とまでは言えませんが、人間の尊厳と権利の侵害という重要な問題に対する、著名人としての社会的責任という観点から、「不愉快である」とか「キモチ悪い」とか、或いは「馬鹿らしい」という程度でも良いので、何らかの抗議の意思表示はして頂きたいところです。なぜなら、その沈黙は、幸福の科学のようなアホカルトのキチガイ教祖や、その哀れなビリーバー達の歪んだ認知機能では、「承認」や「支持」と変換され、その行為を増長させることに繋がるからです。

最も良くないのは、中途半端に弄ることです。現に歌手の和田アキ子が、TV番組内で自分を扱った大川霊言を面白半分に弄ったことが、教団内ではすぐさま自分たちが認められたものという認識になって、信者同士の間で相互に肯定感を高める道具にされ、妄想性を強化させる結果になっています。

軽率で中途半端な弄りは、誤ったメッセージとなりカルトを調子づかせます。ですから、はっきりと不快感を表明するか、もしも弄るのなら、勘違いの余地を残させないよう徹頭徹尾コケにして、完膚なきまでに笑い者にし、自分達が日本のHeelであることを骨の髄まで分からせてやるくらいでなければダメです。

調子こいたカルトは、その行為に抑制が効かなくなり、以下のようなことまでし始めます。

不敬を働く淫祠邪教
ダイアナ妃霊言
大川隆法の不敬の数々

このダイアナ元皇太子妃の霊言に対しては、現地メディアでも取り上げられています。
大川隆法と愉快な仲間たちは、海外のメディアに取り上げられるだけで、内容も知らぬまま単純に喜ぶ能天気な人種ですが、こちらの記事は、英国らしい皮肉のこもった批判記事になっています。当然でしょう。

Mirror
【関連記事リンク】
Mirror Online
「ダイアナ元皇太子妃の死から20年、サイキックによる奇怪な『寂しい魂へのインタビュー』が出版される」
「Bizarre 'interview with Princess Diana's lonely spirit' 20 years after her death released by 'psychic'」

「幸福の科学教祖大川隆法によるダイアナ元皇太子妃のスピリチュアル・メッセージ。海外の評価『これは元皇太子妃ではない』」

ちなみにマスター大川の霊言など、Happy Scienceの信者以外で信じる人はいないのは海外も同じで、信者から献本されたらしき方のレビューもありました。

海外レビュー1
「This book was gifted to me. It is by far the worst book ever. The author should be EMBARRASSED at this pathetic attempt to make money off the late Princess Diana. Her speech patterns, vocabulary usage, sentence structure - everything screams that it isn't her. This is either a ridiculous hoaxer trying to swindle people out of money, the author is completely dilusional, OR it's simply not Princess Diana. Save your money for a decent read. Don't bother with this rubbish.」

海外レビュー2
「贈り物でもらったので読みましたが、最悪の本でした。この本の著者は、ダイアナ元妃を利用してお金を儲けようなどという残念な姿勢を恥じるべきです。話し方のパターンやボキャブラリーの選び方、言葉の組み立て方など、何もかもが『これは元皇太子妃ではない』と訴えています」

「とにかくこれはお金を騙し取るためのふざけた詐欺か、著者の頭が完全に妄想でやられているか、たとえ霊言だとしてもダイアナ元妃とは全く別人のものであるとしか思えません。お金を使うなら、もっときちんとした内容の読み物を買いましょう。こんなゴミのためにお金を払うことはありません」(和訳:HN水木しげる氏)


こうして公序良俗を害し、人の尊厳を辱め、宗教の価値を貶める幸福の科学の大川隆法の所業は、国内に留まらず、いまや海を越えて国益を損なう域に至っています。幸福の科学など、宗教を隠れ蓑にした社会に仇なすチンピラ集団に過ぎません。

平成14年11月8日、最高裁第二小法廷では、名誉棄損のスラップ訴訟を乱発する幸福の科学に対して、それらを批判的言論の威嚇を目的とした「訴権の濫用」と断じたうえ、こう判示しました。

「宗教法人及びその主宰者等は、法による手厚い制度的保護の下に、人の魂の救済を図るという至上かつ崇高な活動に従事しているのであり、このような特別な立場にある団体ないしその責任者は、常に社会一般からその全存在について厳しい批判の対象とされるのは自明のことというべきであろう」

この言葉を受けて、以前に別の記事で結びにした言葉を、ここで改めて使います。

宗教法人「幸福の科学」及びその主宰者「大川隆法」は、甚だ「人の魂の救済を図るという至上かつ崇高な活動に従事」しているなどとは言い難く、明らかに「法による手厚い制度的保護の下」に置かれるべき価値を微塵も具備していないと。

映画「ゆきゆきて、地球神軍」恫喝うけ公開延期へ

近日公開が予定されていた、成田天音監督作品「ゆきゆきて、地球神軍」が、上映予告の段階から始まった幸福の科学による様々な恫喝的圧力によって、大阪芸術大学大学映像学科卒業制作展「DFA2018」での上映が中止に追い込まれ、残念ながら公開が延期となりました。
(※「DFA2018」自体はスケジュール変更して実施されます)

幸福の科学からの圧力は、例によって関係者のTwitterアカウントへの攻撃から始まり、監督のアカウントが凍結されたり、DFA2018アカウントの該当ツイートが削除されたりし、またそうした嫌がらせと合わせて、幸福の科学はさらに、大学や当映画製作関係者に対して、訴訟をチラつかせて上映の中止を迫る執拗な抗議を繰り返していた模様です。大阪芸術大学の学生や教職員は、突然「議論のある破壊的カルト」からの予期せぬ干渉に直面することになり、さぞ困惑したことでしょう。

そんな中、「ゆきゆきて、地球神軍」の成田天音監督より、上映を楽しみにしていた多くの方々へ向けてコメントが発信されていますので、ここに転載してお知らせします。

監督あいさつ1

監督あいさつ2

学生の彼が示すこの矜持、大阪芸術大学魂としてお仲間の学生諸君はどうか誇りに思って下さい。そして他学の学生の皆さんも、負けるものかと発奮して頂きたいですね。

逆に、幸福の科学の言いなりのTwitter社や、いまや教団の提灯記事の御用聞きと化したフジサンケイグループような、みっともない大人たちは、いいかげん少しは恥を知り、彼の爪の垢でも煎じて飲むといい。

大学の関係者は、きっと生のカルトを見るのが初めてで驚いたことでしょうけれど、幸福の科学など、20年前から信者が増えておらず、いまや社会不適応の高齢者と、反対に教団の箱庭に囲われ社会的訓練が不足したまま成長した気の毒な若者らで構成される、たかだか活動信者4000人程度のアホカルトに過ぎません。大学関係者の皆様には、どうか彼らのハリボテの虚勢に惑わされることなく、毅然として教育者の矜持を示されることを望みます。

【教育関係者の皆様必見】
「カルト対策学校ネットワークのご案内」
リンク先:JSCPR 日本脱カルト協会

本日は取り急ぎお知らせまで。
このことについては、後日あらためてまとめを行う予定です。

映画 「ゆきゆきて、地球神軍」公開へ

これまで幸福の科学を扱った映像資料としては、1991年6月頃にTBSの「報道特集」で取り上げられた以外は、教団がフライデー事件を起こして報道が過熱した時期や、昨年の清水富美加の出家騒動のような話題があった時くらいで、その他は教団協賛店であるフジサンケイグループの提灯ニュースで扱われる程度でしたが、このたび新進気鋭の若きクリエイター成田天音監督によって、幸福の科学のリアルに迫る画期的なドキュメンタリー映画「ゆきゆきて、地球神軍」が完成上映される運びとなったようです。

今回は関西地域での上映ですが、今後あらたに東京ほか別会場での公開に向けて、私も全面的に支援をさせて頂く所存です。

「ゆきゆきて、地球神軍」

映画「ゆきゆきて、地球神軍」広報
映画 「ゆきゆきて、地球神軍」


DFA2018実行委員会広報
DFA 2018 実行委員会‏


「ゆきゆきて、地球神軍」識者評
「ゆきゆきて、地球神軍」識者推薦コメント

ゆきゆきて地球神軍1

ゆきゆきて地球神軍3

ゆきゆきて地球神軍4

ゆきゆきて地球神軍2

【2018大阪芸術大学映像学科卒業制作展「DFA」アクセス】

学内展 2018年2月11日(日)、12 日(月・祝)11:00〜
「大阪芸術大学キャンパス」
Google マップ


学外展 2018年3月3日 (土)19:50〜
「あべのアポロシネマ」
Google マップ
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。