FC2ブログ

「脱会者と家族の会(仮称)」準備中

「幸福の科学」の脱会者と家族の会の設立準備に当たって行ったTwitterでのアンケートについて、ご協力いただきました皆様に感謝いたします。おかげでコミュニティの方向性を確かめることができました。

コミュニティに望む事業として示した選択肢の中で、その優先順位の最終的な結果は以下の通りです。

アンケート最終結果

脱会者やご家族にとって、どの要素も重要であることは理解しており、それにあえて優先順位を付けて頂くというのは、そもそも酷なお願いでした。けれども、それだからこそ、結果の重みがあると考えています。

1位の「オフミーティングの主催」と、2位の「自立に向けた生活再建の相談」については、上位に来るとは予想していたものの、2位が予想以上の高水準となったのは、二世・三世の世代が、ちょうどこの問題に直面する頃合に当たっているということかと思います。

それから、「精神的回復をめざして専門家の紹介」と、「損害回復をめざして弁護士の紹介」については、終盤で順位が入れ替わり、僅差ではあるものの予想していたのとは逆の結果になりました。

多くのカルトにおいて、特に幸福の科学では、手を変え品を変え、様々な形で布施(植福)の勧進が行われていて、生活破綻に追い込むほどのえげつない収奪がなされている状況で、この部分の要請が多くなりそうな印象でしたが、現実的には、カルトの手口は老獪で、現在の日本の法制下では被害を立証しづらい面もあることから、比較的その損害回復が可能な範囲もあるにも関わらず、教団と向き合うことに疲れて、尻込みしてしまう方が少なくないのではと思われますし、また脱会者の、とかく自罰的な傾向の強さが影響しているようにも感じられます。

カルト教団に楽をさせてやる必要はないし、僅かでも回復できるものなら、それを求めた方が良いと思いますが、結果を全体的に総括してみると、これからいかに生き直すかという部分に優先順位が定まっているのは、それが待ったなしの問題であるからばかりでなく、脱会という前向きな決断をできた人たちならではの結果とも考えらそうです。

これから立ち上げるコミュニティは、これらの問題を主な課題として行こうと思います。完全に準備が整ったというかたちでの船出ではありませんが、走りながら考え対処していきます。

かなり前から、脱会者や被害者の会的な団体を作って欲しいという相談を度々受けてきました。その必要性は認めながらも、答えを保留してきたのは、果たしてそれが私の仕事なのであろうか?ということと、そもそも私が適任なのか?ということの葛藤があったからです。

それは今も無くなってはいませんが、一部に、教団批判をしていながら、結局のところ教団の世界観を引きずったままの脱会者がミニ教祖化して、分派活動のような状態になっている事例や、独善的な偽カウンセリングで他の脱会者を食い散らかしている件などを聞くにつけ、このような状況を放置しているわけにはいきません。

今日ではSNSの発達によって、誰もが自由に繋がることができます。その部分で事足れりとなれば、必ずしもコミュニティの形成は必要ないと思いますが、それだけでは済まない方々のために環境を提供しようとする場合、それぞれの希望に応じて、ある程度の地域性やパーソナリティなりを把握させて頂くことにはなると思います。

そうした形で、教団からの干渉を排除し、また他のメンバーに仇為すような資質の者の参加を抑制するなど、スタッフと相談しつつ、最終的には私の責任において判断させて頂きながら、参加者の安心と安全を担保していく考えです。バランス感覚が難しいところですが、平たく言えば、「敵の敵は味方」とは限らない。少なくとも私はそのような考え方ではありません。

もとより私が脱会者の代表ということではありませんので、あくまで私の方針です。アンケート回答数=エントリーではないので、実際どのくらいのニーズがあるのか全く未知数ですが、気負わずボチボチ進めたいと思います。

コミュニティの名称などは既に決めているので、もう少し準備が整いましたら、エントリー受付を始めます。

スポンサーサイト

宏洋の革命

現在、「幸福の科学」教祖の大川隆法の長男である大川宏洋君のYouTube動画が話題となっています。

新興宗教の教祖夫婦の長子として生まれてしまい、抗う術なく特殊な非日常的環境下で育てられ、自ずから親が作った箱庭の中に組み込まれるしかなかった人間の苦痛は想像を絶するものです。

そんな中、教祖である父親や教団との決別を明確に宣言し、教祖や教団の行いの問題点を具体的に指摘する様子は、ごく一般的な見地から見ても、十分理解を得られる内容でありましょう。

ただし反面で、たとえ本意ではなかったにせよ、教団役職者としての行いを簡単に「仕事」と割り切りって言いすぎる点や、エンターテインメント部門のこととは言え、教団時代の実績を前提としている点などについては、世間の評価はあくまでシビアで共感は得にくいところかと思います。

「自分の中では済んだ過去のこと」で、これからは自由に独立独歩と言いながらも、現時点では、自負と嫌悪が激しく入り組んでいて、実のところまだまだ混乱しており、心や思考の整理に時間をかけなければならない段階であることが、見ていて伝わってきます。

でも、賽は投げられました。この道で始めた以上、もう後戻りはできず、中途半端では済まされません。そして、降りかかる火の粉を払うばかりで、いくら教団を辞めた、縁を切ったと繰り返したところで、世間の共感を得て信用を獲得するには、それだけではどうしても足りないのです。

もとより宏洋君に父親や教団の行状の責任があるわけではありません。しかし、いったんキチンと禊を済ませないうちは、今のようなレベルの状況の外に浮上するきっかけをなかなか得られないでしょうし、このままでは外野から泥仕合を見物されているうちに消費され消耗して、やがて忘れられてしまうでしょう。

今回の流れは自発的にと言うより、充分な準備も整わないうちに、教団からの圧力の変化を受けて激発させた行動のようでもあり、こうした状態では、甘言を弄して利用してやろうと近づいてくる有象無象に無防備になりがちですから、これが蛮勇に終わらないようにする意味でも、くれぐれも身辺には充分注意をして、また信頼できるブレーンを早期に求めて欲しいですね。

【関連記事】
2018年10月12日(金)やや日刊カルト新聞社説
「幸福の科学と決別した教祖長男を応援しよう」

2018年10月6日(土)netgeek
「【炎上】大川隆法の長男がYouTuberに。暴露話に幸福の科学が激怒中」


さて、事態を継続的に観察しやすくできるように、以下に関連情報を連ねて行きます。

2018/10/1 に公開(宏洋のターン)
2018/10/23 に再公開(宏洋のターン)
【再掲】【炎上注意】宏洋は幸福の科学と決別したのか!? 宏洋の人生ゼンツッパ!!
宏洋の人生ゼンツッパ!! 1
【YouTube動画】


2018/10/06 に公開(隆法のターン)
「大川宏洋氏のYouTube動画」についての幸福の科学グループ見解
宏洋関係教団広報1
【YouTube動画】



2018/10/07 に公開(宏洋のターン)
【炎上確定!!】幸福の科学の公式見解に対する宏洋の公式見解 宏洋の人生ゼンツッパ!!
宏洋の人生ゼンツッパ!! 2
【YouTube動画】


2018/10/14 に公開(「やや日刊カルト新聞」藤倉善郎総裁の参入)
大川宏洋氏の公式見解についての幸福の科学公式見解についての被告人公式見解
藤倉総裁見解
【YouTube動画】


2018/10/15 に公開(宏洋のターン)
【恐怖映像】なぜバレた!?「幸福の科学」の職員が新居に突撃してきた 【宏洋の人生ゼンツッパ!!】
宏洋動画4
【YouTube動画】

大川宏洋の離反・幸福の科学の内憂外患

幸福の科学信者の藤井実彦が起こした台湾での慰安婦像足蹴り事件は、現地マスコミで大きく報道され、比較的友好であった対日感情を著しく悪化させています。

日本国内では、腫物に触るような態度で大手メディアは沈黙したままですが、情報はSNSで既に拡散しており、これが幸福の科学という反社会的カルトの仕業であることは周知の事実となりました。

教団にとっては、教勢が衰退し、選挙にも連敗して、ただでさえジリ貧で苦しいところに、憑り代にしてきた保守系団体の不興を買うような事件を起こして、小心者の教祖には眠れない憂鬱な日々が続いていることでしょう。

そうした教祖の乱れたメンタルを象徴するかのように、教団の開き直りと論点のすり替えによる現状打開の態度は過激さを増してきています。

【関連記事:やや日刊カルト新聞】
「Twitter社が本紙・藤倉被告を凍結、鈴木主筆を再びロック=復活から1日足らずで」

「本紙・藤倉被告、幸福の科学から法名授かる=Twitterの凍結も解除」

「幸福の科学と藤倉被告の本尊譲渡交渉、決裂=教団は新潮社前で“空振り”ビラ配り」

幸福の科学にとって台湾の事件が更なるダメージにつながることは明白なのですが、大川隆法直結の教団広報ばかり突出した過激な行動と、その迷走ぶりは、大伝道の失敗によって生じた財務危機に直面する中、あまつさえ国税局の訪問に怯える日々のプレッシャーに苛まれた挙句に、講談社フライデー攻撃が下知された状況に似て、台湾慰安婦像足蹴り事件への反発と、教団批判を展開するジャーナリストへの執拗な嫌がらせを強めるのには、教祖と教団にとってまた別の憂鬱な問題を、どさくさに紛れに吹き飛ばしてしまいたいといった様子に見えます。

それは、昨年末から表面化して、いったんは収まるかに見えた長男・大川宏洋と大川隆法との父子骨肉の確執が、もはや修復不可能の決定的な状況に至った事実でしょう。

宏洋動画1

【大川宏洋発信情報】
大川宏洋YouTube動画①

大川宏洋YouTube動画②

大川宏洋YouTube動画③

静かに市井の人になる道も、僅かにはあったと思いますし、彼の幼少期を知る者として、個人的にはそういう方向を願って来ましたが、これが選択と言うなら、もうトコトンやるしかないでしょうから、そうした意味では、相変わらず甘く中途半端だと思うものの、教団や学園の理事を務めた者自らが、この公益法人は名ばかりで、ガバナンスなど一切機能していないことを明らかにした点は、真面目に評価できるものです。

宏洋動画2

そして、幼いころから自分の父親が社会的に犯罪者同然の存在という自覚に苦しみ、本心では宇宙の根本仏の大救世主だなどとは微塵も考えておらずに、広く社会に対して率直に、父親と教団の行状を謝罪した姿は、他の大川一族の誰一人として成しえなかったことです。

年齢の割には至らない部分も多々感じるし、行動の動機の観点からも、必ずしも誇らしいものとは言えないですが、彼もまた二世の被害者に他ならず、難しい立場にあった彼が、これから自分の育て直しの旅に出るのに、いま精一杯の誠意の表明だと受け止めます。

宏洋君

自分が望むところに落ち着けるまで、波風収まるには暫くかかると思うが、自分で選択し始めた以上はもう振り返らず、くじけるな。

あと、このYouTubeを続けるなら、君は本来地味で華がなく、話芸も訓練できていないのだから、せめて背景が殺風景にならないよう、背後の壁面を有効活用するとか工夫した方が良いと思うよ。

幸福の科学・藤井実彦が足蹴にしたもの

「「慰安婦の真実」国民運動」の幹事の藤井実彦が9月6日、国民党支部に設置された慰安婦像の即時撤去を求めて台湾・台南市を訪問した際に、慰安婦像に蹴りを入れるパフォーマンスをしていた件は、現地メディアで大きく報道され、周辺国にも波紋を広げている。
台湾現地テレビ報道
藤井のキック画像(当人は“ストレッチ”と主張)


日本人藤井實彥踹台南慰安婦像正面版

藤井は幸福の科学の信者で、教団が実質的に後援している「論破プロジェクト」の代表者を務め、2014年にフランスで開催された「アングレーム国際漫画祭」において、主催者が定める政治宣伝の禁止を理由に出展を拒否された過去がある。

藤井名で検索をかけるとザ・リバティの記事が連なる。

ザ・リバティ 藤井検索1
ザ・リバティ 藤井検索2
「藤井実彦 リバティWEB記事一覧」

「アングレーム国際漫画祭」での騒動前後から今日に至るまで、藤井は幸福の科学の機関誌ザ・リバティに度々登場し、在家信者でありながらも、この界隈に関する幸福の科学のプロパガンダを担い、教団シンパ形成に尽力してきた。

教団の大本営発表で信者は軽く言いくるめることができても、世間の目をごまかすことはできない。

9.11教団広報
9.11幸福の科学教団広報

9.14教団広報
9.14幸福の科学教団広報

だが、今回の事件を機に、藤井は自己のSNSアカウントを削除して雲隠れし、教団は早々に藤井との関係を否定する姑息な逃げを打った。

しかし藤井について口を滑らせる教団職員も現われたり、もはや既出の事実が隠し通せないと分かると、論点のすり替えや幼稚な開き直りに出るなど、大方の予想を裏切ることなく社会に醜態を晒している。

【関連記事】
ハーバービジネスオンライン
「台湾「慰安婦像キック問題」の背後に「右派カルト」。大手メディアは沈黙」

やや日刊カルト新聞
「本日、幸福の科学総合本部前で抗議デモ=信者による慰安婦像キック問題で」

「台湾での“慰安婦像キック”問題で市民15人が幸福の科学に抗議デモ=東京・五反田で」

台湾慰安婦像キック問題で幸福の科学が台湾側を非難


2015.4.25の教団誌で、慰安婦問題に関する記事には、「日本の誇りを取り戻そう」という呼びかけがある。しかし今回の行為は、そうした自分達に誇れる行為であったのか?

このような行為は、当事国の対日感情をいたずらに悪化させるばかりでなく、広く国際社会に向けて日本人の恥晒しとなって信用を失墜させ、己らが掲げる理念さえ毀損することになることくらい想像がつかなかったのだろうか。

また、藤井は二男二女の子供の父でもある。「ストレッチをしていただけ」などと噴飯ものの逃げ口上に徹する父親の姿は、二世の彼らの目に果たしてどう映るのであろうか。

今回の事件は、現在の日本社会をぼんやりと覆う右傾化の背後にいて、ナショナリズムの漫画化を扇動する、幸福の科学のような淫祠邪教の介在を露骨に示した。

「朱に交われば赤くなる」の喩えで、「慰安婦の真実」国民運動それ自体も、事件を受けて藤井の幹事職を解任しつつ、一方で台湾側に対しては、「それはそれ、これはこれ」とばかりに、事件が与えた当事国の心情を慮ることなく、カルト顔負けの厚顔無恥な態度を貫いている。

「慰安婦の真実」国民運動、藤井に関するコメント
「慰安婦の真実」国民運動の声明
「台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について」

票田として安易にカルトに阿る政治家が少なくない日本だが、社会活動や国際交流の場にカルトの浸潤を許せば、このような危険はいくらでも起こりうる。そこでメディアの力が必要となるのだが、この件に対する大手メディアの沈黙ぶりは実に情けない。

幸福の科学と一蓮托生のフジサンケイグループには何ら期待するところはないが、メディアはオウム事件にいったい何を学んだのか。教訓を得たなら、いいかげん行動で示したらどうだ。

広告塔にされたプッツン女優の末路

東京スポーツに奇妙な記事が掲載されていました。
昨年に出家騒動で社会からドロップアウトした千眼美子こと清水富美加がUFOの撮影をしたという記事です。
東スポ記事
東京スポーツ紙面

東スポ1
ネットでも配信
「清水富美加=出家女優・千眼美子 UFO撮った!!本紙に渾身の目撃リポート」

東スポだから、そもそも信憑性うんぬんの問題ではないと思いましたが、読んでみれば、スマホかデジカメかは不明なものの、撮影した画像を掲載していながら、撮影の日時を示しておらず、結局のところ記事の体裁を装った教団の広告に過ぎないものと分かります。

千眼美子こと清水富美加の、幸福の科学の広告塔としての仕事というわけですが、痛いほどのレベルの低さに、さすがに言葉を失いました。

東スポ2
東スポ記事中より

記事中の彼女の言説ですが、「宇宙に憧れがあって、天体観測もしていた」のが本当なら、今年は2003年から15年ぶりの火星の大接近で、7月末が最接近であったことを知らないはずはありません。秋からの教団映画の話題作りに、この件を企画したのは広報局員ではないのでしょうかね?

火星の動き(国立天文台)
「火星は夜空のどこに見えるの?」国立天文台

【星図シミュレーション】
「今日のほしぞら」国立天文台

火星は南東方向の低高度で観測できます。最接近の頃はニュースでも取り上げられていましたし、御覧になった方も少なくないでしょう。

千眼撮影画像

さて、これは彼女らが撮影したという画像ですが、幸い現地の地理に詳しいエージェントの協力を得られたので、この画像から、撮影状況を検証します。

現地図
現地図(Google)有志提供

現地状況
現場状況(Google)有志提供

撮影アングル
撮影アングル(Google)有志提供

撮影は、富山駅を背にして南東方向の、しかも低高度。赤色で大きな視直径となれば、自ずと火星以外の何ものでもないのですが、どういう思考回路だと、これがUFOになるのでしょうかね?

火星なら瞬かないからという判断は一理あります。しかし、惑星にしろ恒星にしろ、星自体が瞬いているわけではなく、星の瞬きは大気の揺らぎの影響によるもので、点光源の恒星に対して、惑星は面光源で観察者の目に届く光量が強いため、比較的大気の影響を受けにくいというだけのことで、大気の影響を受けやすい地平線に近い低高度にある場合などは、惑星であっても大気の揺らぎで瞬いて見えることはありえます。

東部(富山)天気

水温・気温

大気中では、気温によって体積が変化し、密度が異なる空気の境界で光が屈折して、それが瞬きとなって目に届きます。先月は日本各地で記録的な高温が観測されていました。日中に温められた地表や海水は、夜になっても冷めにくく、星がいつも以上に瞬いて見えるほどの大気の不安定さを招く気象条件はそろっていました。

あと、ベテルギウス、アルデバランを疑うフリはしていますが、そもそもベテルギウスやアルデバランは冬の星座で、今の時期であれば夜明け前まで昇って来ません。

だいたい、あれがUFOと言うなら、火星は一体どこにあるのでしょうか?

余りにもお粗末過ぎて痛々しく、陳腐な広告塔としてキャリアを台無しにされ、教団に軽々しく消費されていく二世の彼女の姿が哀れに見えてなりません。特に、同じく幸福の科学の二世で、教団側の目論見によって勝手に信仰告白させられ、教祖の霊言によって清水と同じような広告塔に仕立て上げられそうになりながらも、自分の意思できっぱりと、教団からの誘いを突っぱねることができた新木優子さんの、その後の華々しい活躍と比べたとき、落ちぶれた彼女との明暗が濃すぎて、余計に哀れさが増します。

千眼美子

これまでにもカルトの広告塔になどさせられ、プッツン女優と言われた人は数名いましたが、よほどの実力がなければ、復帰は叶いませんでした、ファンの方も、こんな眼をした新木優子さんは見たくないでしょう。

二世として、彼女らが置かれた環境には複雑な事情がありますが、広告塔になどなってしまったら、社会的には終わったも同然です。新木さんはその調子で、決して、くれぐれも道を踏み外さないで欲しいですね。
プロフィール

アルゴラブ

Author:アルゴラブ
日本脱カルト協会
「JSCPR」会員

当ブログへようこそ。
私もペンとネットの力を信じ、「幸福の科学」を手掛かりに、カルトの問題について考えていきます。
脱会を迷われる方は、下記の記事カテゴリSuggestion の「脱会に必要なもの」をご覧ください。

コメント欄は非公開設定を選択することができます。悪質な荒らし行為等でない限りは決して公開されませんのでご安心ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR